2019年12月 9日 (月)

エビ釣り

"海老の釣り堀 (えびのつりぼり)" という、店名そのままにエビ釣りができ、釣ったエビをすぐに調理して食べられる楽しげなレストランに行ってきました。料金は釣った分だけ重さでお会計 (1キロ=1000バーツ/3500円)。

竿と餌、そして釣ったエビを入れるかごを受け取りスタート。時間はあるし、エビ釣りなんて初めてだったので、20、30分は時間をかけるつもりでのんびりやろう、そう思っていたのですが。。

これがもう釣れる釣れる。入れ食いです。釣り針をポチョンとプールに投入すると20、30秒でエビがかかる。竿を引き上げると店員さんがエビをはずしてかごに入れてくれる。これの繰り返し。楽しむ間もないというか。

あっという間、5分ほどで5匹連れてしまったので、これ以上は財布が危険だと思い、ここで釣りは終了。店員さんに伝えて5匹は全部塩焼きにしてもらいました。

さすが手慣れているだけあって塩加減も焼き方もちょうど良く、5匹のうち大きい2匹はたっぷりのエビ味噌、1匹にはエビ味噌と卵の両方が入っていました。めちゃめちゃ美味しかったです。和名はオニテナガエビ。海のエビに負けないくらい美味です。

支払いがちょっと心配になりましたが、実際のお会計は、釣り竿100バーツ (一応そう聞いたのですが生返事だったのでもしかしたら調理代かも)、エビ500バーツで計600バーツ/2100円でした。楽しかったので良し!

228ebi01
228ebi02
228ebi03
228ebi04

| | コメント (0)

2019年12月 8日 (日)

ワット・プララーム9

バンコクには現チャクリー王朝の歴代国王の遺骨が安置されている9つの王室寺院があります。8つは訪れていましたが、ようやく最後のひとつ、ワット・プララーム9に行ってきました。

ラーマ1世:ワット・ポー
ラーマ2世:ワット・アルン
ラーマ3世:ワット・ラチャオラサラム
ラーマ4世:ワット・ラチャプラディット
ラーマ5世:ワット・ベンチャマボピット
ラーマ6世:ワット・ボウォンニウェート
ラーマ7世:ワット・ラチャボピット
ラーマ8世:ワット・スタット
ラーマ9世:ワット・プララーム9

ワット・プララーム9はラーマ9世 (プーミポン前国王) によって建てられました。建築予算は最小、デザインはミニマル、資材はすべてローカル。白く小さな佇まいは、「足るを知る経済」を提唱したラーマ9世の思想に通じるものがあります。

前国王ゆかりのお寺なので、言葉は悪いですがもっと大きくて見栄えのするお寺かと思い訪問したのですが、そういう意味では肩すかしでした。ただ、しばし見入って浮かんだ言葉は、「これでいいのだ」。

227plaram01
227plaram02
227plaram04

| | コメント (0)

2019年12月 7日 (土)

ナムプリック

今までナムプリックを一品料理として認識していませんでした。日本で言えば海苔の佃煮みたいなもので、これがメインだとちょっと悲しいけれど、メインの添え物にあったらうれしいなといったポジションかと思い。

しかしタイ人にとって、ナムプリックは国民食であり食卓に欠かせない料理のひとつなんだそうです。北タイ料理のお店に行くと、堂々一品料理としてメニューの1ページを占拠していますし (バリエーションが多いので)、野菜などがついてくるとはいえ意外といいお値段します。

ホムドゥアン (エカマイ通り)
ナムプリック・オーン (ひき肉とトマト) とナムプリック・ヌム (青唐辛子) をいただきました。茹でキャベツとキュウリとケープムー (揚げた豚の皮) つき。ナムプリック・オーンはほぼミートソース。ピリ辛でめちゃめちゃ美味しく、これは野菜がすすみます。ここのはちょっと甘くて好みでした。ナムプリック・ヌムは魚の発酵調味料が効いた味わい深い一品 (クセは少なめ)。ただし3口目くらいから舌がビリビリしびれる強烈な辛味に襲われました。旨味も辛味も極上です。各90バーツ/315円。
226namprik01
226namprik02

クルアジェンマイ (トンロー通り)
ナムプリック・オーンをいただきました。ついてくる野菜が色とりどり、にぎやかで楽しいです。ここのはホムドゥアンとはうって変わって甘さはありませんでした。作る人によってぜんぜん違うんですね。ひき肉が粗目なので、意外と「肉を食べてる感」が強かったです。150バーツ/525円。
226namprik03
226namprik03b

露天 (トンロー駅ガード下)
夕方テイクアウト。ひとつ20バーツ/70円。赤いのはナムプリック・オーンではなく、赤唐辛子とプラーラー (魚の発酵調味料) のものだと思います。けっこうクセが強いのでキャベツをたくさん食べてごまかしました。いや、美味しいんですけどね。もうひとつは見た目ナムプリック・ヌムですが、ぜんぜん辛くありませんでした。不思議な感じ。この日だけなのか、いつもこうなのか。ナムプリック、奥が深いです。
226namprik06

| | コメント (0)

2019年12月 6日 (金)

スマホの買い替え(センサーサイズ)

あれからバンコクのめぼしいスマホショップはまわってみましたが、Nokia 7.2とOppoガンダムスマホは見つかりませんでした (→ひとつ前の記事)。Nokiaもタイから撤退したそうです。残念。古い型はちらほらありましたが。

ここでちょっとカメラの性能、というかイメージセンサー (撮像素子、CCD/CMOS) のサイズと画素数をまとめてみました。各社公式サイトに記載がないものはネット情報を総合して書いています。(サイズは大凡)

分類
------------
サイズ(mm)
-----------
カメラ/スマホ
-----------------
画素数
-------
フルサイズ 35.8x23.9 EOS 5D Mk4 3040万
APS-C 23.6x15.8 EOS M6 Mk2 3250万
フォーサーズ 17.3x13 Lumix GX7 Mk3 2030万
1型 13.2x8.8 コンデジハイエンド  
1/1.7型 7.5x5.6 コンデジ上位機
Huawei P20/30

4000万
1/2型 6.4x4.8 Huawei nova 5T 4800万
1/2.3型 6.2x4.6 コンデジ普及機  
1/2.5型 5.7x4.3 iPhone XS,XR,11 1200万
1/3型 4.8x3.6 iPhone 6,7,8,X 1200万

nova 5TのセンサーはSONY製と記載がありました。おそらく "IMX586" でしょう (SONYニュースリリース)。画素数に無理があるのではと思っていましたが、これならかなり信用できそう。

iPhoneのセンサーがこんなに小さかったことに驚きをおぼえました。ただしセンサーが小さい分、画素数は無理のない値かと。こちらもSONY製だそうですが、センサーに加えAppleの画像処理エンジンが優れているんでしょうね。

イメージセンサーのサイズ、画素数、画像処理エンジン、そしてやはりレンズと、出来上がる写真の良し悪しはいろいろな要素があるので、センサーの比較だけではnova 5TがiPhoneより "良い写真" が撮れるとは言えませんが、なんとなく前よりは期待値が上がりました。

ちなみにZenfone3のセンサーもSONY製 (IMX298, 1/2.8型) だそうなので、あらためてSONYってすごいんだなと思いました (小並感)。

※ダメだ、表のセル幅が固定できない、パソコン (Firefox) ではなんとかいけたけどPC版Chromeとかスマホではやっぱりダメ・・・

| | コメント (0)

激辛ガパオライス

タイに来て1年半、初めてガパオライスを食べました。BTSエカマイ駅近くの "Phed Mark (ペッ・マーク)" という人気店。テイクアウトしましたが受け取りまで40分かかりました。めちゃめちゃ繁盛しています。

他と比較しようがないのですが、とても美味しかったと思います。ガパオ (ホーリーバジル) の香りが良く、お肉の味がしっかりしていて、しょっぱめのキリッとした味付けが良かったです。お米の品質もぬかりなし。アヒルの卵を使うというこだわりも。

ただし、辛さをミディアム (お店のおすすめ) にしたところこれがかなりの激辛でした。自分は辛いのは強い方ですが久しぶりに涙目に。店名 (ペッ・マーク=激辛) は伊達ではなかった。牛:155B/543円、豚:105B/368円 (写真)。値段はちょっと高いですがこだわりもすごいので。

後日、ガパオライスは何のお肉が一番正しいのかなと思い職場で聞いてみましたが、問題はガパオであって、お肉は何でも良いとのことでした。もちろん魚介でも。なかにはカニのガパオライス500バーツ/1750円なんてのもあるそうです。

224gapao01
224gapao03

| | コメント (0)

2019年12月 5日 (木)

祝!BTSカセサート大学駅

本日からついにBTS (スカイトレイン=高架鉄道) の北側が延伸され、モーチット駅から5駅先のカセサート大学駅まで行けるようになりました。個人的にはこれでバスやタクシーを使わず電車のみで通勤できるようになります。

とくに雨期はよく午後に大雨が降るのですが、こうなると必ず道路が渋滞し、帰宅まで1時間半からひどい時は2時間半かかっていたので、これからは渋滞知らずだなと思うと本当にありがたいです。

225bts01
225bts02

| | コメント (0)

アヒルのくちばしと地獄のスープ

最近お気に入りのソムタム屋 "Tum Nak"(→過去記事) で、また新しいメニューをオーダーしました。ひとつめはアヒルのくちばしを揚げたもの、パーク・ペッ・トード。くちばしの先の方はカリッと揚がっているのでポリポリ美味しく食べられます (根本はムリ)。根本についているのはお肉というか、たぶんタンですね。塩気も十分ついていて味が濃厚、めちゃめちゃ美味しかったです。80B/280円。
223duck01

前回間違って赤い激辛スープを頼んでしまったので (酸辣牛肉湯)、今回は冷静にメニュー写真を確認し、もうひとつの青いスープをオーダー。見た目はネギたっぷりスープ (水煮猪骨湯)。美味しそう。高まる期待。・・・と思いきや、運ばれてきた丼には大量の青唐辛子が (泣)。激辛のその先、地獄のスープでした。でも、酸っぱいのがクセになる。油断するとむせるので、最後までそーっと飲み続けほぼ完飲。100B/350円。
223duck02

| | コメント (0)

2019年12月 4日 (水)

スター・ウォーズ(前売り券購入)

SF Cinema Terminal 21で「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」の前売り券を購入しました。12月19日の夜7時。まずは初日にタイで観て、年末日本に帰ったら日本語字幕でまた観ようという算段。

券を買ったら特典でお水をもらいました。これはボトル日本に持ち帰りだな。

221water

| | コメント (0)

スマホの買い替え(迷走)

昨日お昼ご飯を食べていたらスタッフから「スマホ決めました?」と聞かれたので、「まだだけどやっぱりファーウェイかなあ」と言ったら、なかなかのマジトーンで「ホントですか?いいんですか?!」と驚かれてしまいました。(→ひとつ前の記事)

実のところ昨日はけっこう買う気満々で、夕方お店に行くつもりで通勤バッグの中にパスポートと現金を忍ばせていたのですが、あらためてこう言われ、再び迷ってしまう自分がいたのでした。

一番の不安は、Googleアプリが今後どうなるかという点です。nova 5Tは今はGoogleアプリが使えていますが、米中貿易問題がエスカレートした末に将来排除されてしまったらどうしようという、非現実的かもしれませんがそれでも漠然と残る不安感。

また、プロ級カメラと謳われているnova 5Tのカメラですが、実写サンプルを見たらすごいというほどではなかったので、そこも勢いが削がれている原因。"好ましい画作り" という点においては、iPhoneに一日の長を感じました。

このスペックが10,990バーツ (39,000円) で買えるので、依然nova 5Tは筆頭候補ですが、今はNokia 7.2とOppoのガンタムスマホも探してみようかなとやや迷走中。宝くじが当たればiPhone 11 Proなんだけどな。。

ちなみに今のZenfone3の写真を何枚か。この症状が断続的に出ます。なかなかピントが合わず、合ったと思っても数秒後にまたピントが外れたりするのでピンぼけ写真量産中。ここ数日はレンズが前後に小刻みに動くような挙動も出てきました (3枚目の写真)。
220camera01
220camera03
220camera02

| | コメント (0)

2019年12月 3日 (火)

ガイヤーン・クランクルン

美味しいソムタムのお店には美味しいガイヤーン (とその他焼き肉メニュー) があるという経験則から、美味しいガイヤーンのお店は当然美味しいソムタムを出すだろうという想像をふくらませ、BRTに乗って遠路はるばるラーマ3世通りのガイヤーン・クランクルン (Kaiyan Klang Krung) に行ってきました。
219kaiyan01

実際、ソムタムは美味しかったです。甘さと酸味はひかえめで、干し海老の出汁がグッと効いた大人向けの味。もっと甘・酸・辛が強烈な方が一般的には好まれるかもしれませんが、自分はこの落ち着いた味付けが好みです。ソムタム・タイ 60B/210円。
219kaiyan03

ガイヤーンは地鶏 (ガイバーン)。下味はひかえめで肉自体の味を楽しむことができます。焼き方は最高。これほど皮をパリッパリに焼いているお店はなかなかないのではないでしょうか。しかも各部位すみずみジューシー。肉質100点、焼き方100点、個人的には下味がもう少しあったらなと。半身 95B/333円。
219kaiyan04

| | コメント (0)

2019年12月 2日 (月)

スカラシアター

サイアムディスカバリーの向かいにあるスカラシアター (Scala Theatre) は営業を開始して50年にもなる老舗の映画館。内部のデザインは当時の最先端を行っている感じで、今となってはいい味出してます。

名画座みたいな古い映画専門かなと思ったら、普通にアナ雪2やチャリエン、日本アニメのハローワールドをやっていました。またこんど何か観たいな (この3本は別の映画館でもう観たので)。

スペシャルイベントとして、年末に "七人の侍" を無料上映するとのこと (ただしここの映画館で観た映画の半券3枚が必要)。やはり懐かしい名画の普及にも力を入れているのかもしれません。

ちなみにすぐ近くのDVDショップに日本の名画の棚がありました。黒澤明とか小津安二郎とか、タイ語字幕で観ることができます。ただし、99バーツ/350円で売っていたので、オリジナルなのかコピーなのか微妙。。

218scala01
218scala02
218scala05
218scala04

| | コメント (0)

2019年12月 1日 (日)

ワット・カンペーン

MTRバンパイ駅から北に約850m、運河沿いに建つワット・カンペーン (Wat Kamphaeng) は、証拠となる文献はないそうですが、窓枠の装飾スタイルなどからアユタヤ朝中期から後期にかけて建てられたものだと言われています。

その後、ラーマ4世の時代に大規模な修復がなされたそうですが、ラーマ4世が関係したお寺といえばワット・ボロムニワート (→過去記事) など近代をモチーフにした壁画で有名なものがあります。ここも影響を受けたのでしょう、壁画にそのテイストが現れていました。

217kampen01
217kampen02
217kampen03
217kampen04
217kampen05
217kampen06

| | コメント (0)

2019年11月30日 (土)

ニラ饅頭の聖地

前々から気になっていたニラ饅頭 (タイ語=カノム・クイチャーイ) を今週初めて買ってみました。帰りがけにうちの近所のスーパーで。これが良い意味で予想を裏切り、クセ少なめかつニラオンリーなのに旨味たっぷりという優れものでした。
216nira01

こちらはニラ、タケノコ、タロイモ、ヤムイモの詰め合わせ。本店は旧市街にある "クイチャーイ・クン・メー (メーさんのニラ饅頭)"。
216nira02

美味しいし健康にも良さそうだしで、気づけば水木金と3日連続で夕飯はこれになりましたが、こうなると町のお店にも行ってみたい。そしてニラ饅頭の聖地といえば、これはもうタラートプルーしかありません (個人の見解です^^;)。

以前、タラートプルー駅 (国鉄) のあたりを歩いていてやけにニラ饅頭屋さんが多いなと気になっていたんです。ということで土曜日に行ってみたら、やはりありました。3ヶ所どれも美味しそう。
216nira03
216nira04
216nira05

しかしみんなテイクアウト専門なので、そうなると電車に持ち込んで帰らなければなりません。ちょっと臭いも気になるし、どうしたものかと近くをGoogleマップで探してみたら、ありました、ニラ饅頭が食べられるお店が。ガード下から西に300m、"パパ・ティムスィム (点心?)"。
216nira06

ニラ饅頭は蒸しと焼きがあり、ニラに加えヤムイモとタケノコも。また、皮のない直焼きタイプもあります (皮の粉にニラを練り込んでいる)。中身はやはりニラオンリーなのですが、あいかわらず旨味たっぷりなんですよね。とても美味しい。1個10バーツ/35円。
216nira07

タイのちまき "バチャーン" も美味しかったです (40バーツ/140円)。ヌードルやその他プレートものもあるので、たとえばワット・パクナムに来たついでに少し足をのばしてみてはいかがでしょうか。(→ワット・パクナム過去記事、ちなみに今は最寄りがMRTバンパイ駅です)
216nira08

| | コメント (0)

2019年11月29日 (金)

スマホの買い替え(逡巡)

お昼時、一緒にご飯を食べながら、職場の若手タイ人スタッフに「スマホを見に行ったけどファーウェイの nova 5T っていい感じだったよ、買おうかな」と話してみると、「ファーウェイ?!、マジですかww」と半笑いの反応。

曰く、ファーウェイのスマホは信頼性が低い、米中貿易戦争に起因するGoogleアプリが使えない問題 (注:nova 5Tは使える)、人気の順は Apple>Samsung>>>Huawei、所有欲を満たせない、なんだかケチくさい、と散々な言われよう。

そんな彼らは2人ともiPhoneユーザー (XとXs)。自分も初めて手にしたスマホはiPhone3GなのでiPhoneの良さはわかりますが、何しろ高いんですよね。iPhone 11 Proの値段でnova 5Tが3台買えます。

もし買ったら「やっぱり買っちゃったんだww」と陰でヒソヒソ言われそう。iPhoneに復帰したいのはやまやまだけれど、、悩む。。
(→ひとつ前の記事)

| | コメント (0)

海岸侵食と海鳥

バンコク南岸の海岸侵食を見に行ったときのこと。ボートに乗って沖から帰ってくる際、杭の1本1本に鳥が1羽ずつ止まっているのがなんだかとても律儀に見えて、ちょっとくすりとなりました。

いま杭がある場所も数十年前はマングローブの干潟だったそうですが、エビの養殖のためマングローブを切り開いた結果、こうして数百メートルも海に沈んでしまったのだそうです。

当時は漁民の生計向上のためベターな選択肢と考えられたマングローブ伐採も、いまはこうして反省の教材となっています。本当は気候変動の影響 (地球温暖化による海面上昇等) を見るという観点で連れて行かれたのですが、それにも増して人間活動が与える影響の大きさをあらためて認識しました。

数百メートルの海岸侵食 (干潟の水没) は当時を知る地元民にとっては絶大なインパクトですが、地球規模で考えたら誤差みたいなスケールですし、初めて見た自分にとってはほとんど実感がわかなかったというのが正直なところ。

それに、なんだかんだ海上レストランまでできていて、人間ころんでもただでは起きないなと妙に感心してしまったのでした。

215tori01
215tori02
215tori03
215tori04

| | コメント (0)

2019年11月28日 (木)

スマホの買い替え(物色)

いよいよZenfone3のカメラがやばくなってきたので (→過去記事)、iPhone SE2の登場を心待ちにしつつも買い替えスマホの物色に行ってきました。場所はMRTラーマ9世駅隣接のショッピングモール "フォーチュンタウン" の2階。スマホショップがずらりと並んでいます。

たくさんお店はありますが、売られている機種はHuawei、Samsung、Oppo、Apple-iPhoneがほとんどで、ラインナップも値段もほぼ一緒。もともと無いとは聞いていましたが、やはりAsus-Zenfoneはありませんでした。あとSony-Xperiaもなかったな。

ひととおりショップを見てみて、目に止まったのが Huawei nova 5T (10,990バーツ/約39,000円)。最近バンコクの駅でよく広告を見ていたので、いま売り出し中の機種なんだなとは思っていましたが、たしかになかなか良さそうです。

日本で11月29日発売だそうですから、はやくネットに実機レビュー (とくにカメラ) が上がらないかなと期待しています。カメラもスペック上はかなりすごそうですが、実写を見てみないとなんとも言えませんからね。

ちなみに、フォーチュンタウンのあと自宅の方に戻ってきて、エンポリアムに入っているスマホショップを見てみたら、同じスマホが並んでいて値段も変わりませんでした。バンコクはどこで買っても値段はほとんど変わらないそうです。

214smart01
214smart02

| | コメント (0)

2019年11月27日 (水)

豚足ご飯の名店 "カームー・チュラ"

MRTサムヤーン駅から西に350mほど、ローカルグルメのお店がたくさん軒を連ねる一角に、豚足ご飯 (カオカームー) の名店のひとつ "カームー・チュラ (Chula Pork Leg)" があります。

この時、実は朝ごはんをこのエリアの別のお店で食べたばかりだったのですが、お店の前を通った時、豚足を煮込んだ大鍋が目に飛び込んできて、それが実に美味しそうだったため、ついふらふらとお店に入り、壁にはられた皿盛りの写真を指差し注文しました。(ご飯=糖質を抜けばいいかなと)

まあ結局テーブルに運ばれてきたのは、予想外に大きい豚足の皿盛りと白ご飯、そしてニガウリのスープだったのですが、皿の大きさとこれまで食べたことのなかったニガウリスープに気を取られ、ご飯はいらないと言うタイミングを逃してしまいました。

どうしようかなとちょっと迷いましたが、やっぱり豚足って最高のご飯のおかずだよなあと思いつつ食べ始め、最後はご飯も完食。お腹いっぱいでしたが、とろとろの豚足は絶妙の甘辛の味付けで評判通りの美味しさでした。

ニガウリも思っていた以上に激ニガでしたが、豚足の脂が洗い流されるような清涼感を味わいながら最後の一滴まで飲み干しました。どうせなら煮玉子もつければよかったかな。

213kaokamu01
213kaokamu02
213kaokamu03

| | コメント (0)

2019年11月26日 (火)

ルンピニー公園のオオトカゲ

いるいるとは聞いていたのですが、先日ルンピニー公園横の大通りを歩いていたら、柵の内側にオオトカゲを発見。

これは珍しいと思いあわてて写真を何枚も撮ったのですが、ひとしきり撮り終えて先に進んだら、次から次にいるわいるわ。

けっきょく数分のうちに7~8匹見ました。しかもみんなでかい。今度はビデオ撮ろうっと。

212tokage01
212tokage02
212tokage03

| | コメント (0)

フードコートあるある

うちの職場のフードコート、スプーンとフォークの横に電気鍋が置いてあって、いつもグラグラお湯が煮立っています。ここでスプーンを煮沸消毒しろということなのですが、これが毎日なかなかの恐怖。いつまでたっても慣れません。

ちなみにご飯におかず2品をのせて1食30バーツ/105円。安くて美味しくて毎日満足。

213oyu01

| | コメント (0)

2019年11月25日 (月)

ソムタムいろいろ (3)

その2 (→コチラ) に続いてまたいくつかソムタムのお店を。

バーン・イサーン・ムアンヨット (スクンビット Soi 31)
ソムタム 80B/280円、ヌアヤーン 120B/420円、豚タン 120B/420円
(牛は噛みごたえあり、豚タンはタン元も混ざっていて非常に美味、場所柄日本人客も多く値段は高めだが1皿の量があるのでコスパは悪くない)
211somtum01
211somtum02

ソムタム・マハトゥン (BTSプルンチット駅横)
ソムタム 60B/210円、コームーヤーン90B/315円
(豚トロは脂のりMax、ソムタムと抜群の相性)
211somtum03
211somtum04

ソムタム・ジェーソー (BTSサラデーン駅南500m)
ソムタム 60B/210円、コームーヤーン 60B/210円
(ライムたっぷりでキリッと酸味の強いソムタム、お肉は味もよくコスパ高い)
211somtum05
211somtum06

ハイ・ソムタム (BTSサラデーン駅南130m)
ソムタム 65B/228円、コームーヤーン 100B/350円
(ソムタムはパパイヤ多め、豚トロはあふれる旨味)
211somtum07
211somtum08

ザープ・クラシック (BTSプロンポン駅横Emquartier地下)
ソムタム弁当/Bento (ソムタム+ガイヤーン+もち米) 135B/473円
(お得なセット、ソムタムが甘くもち米がよく合う、チキンは皮パリパリ)
211somtum09
211somtum10

| | コメント (0)

«タイ料理 Kiew-Kai-Ka