2017年9月21日 (木)

古いソフトを使いたい (2)

その1に続いて、こんどはWindows10を使い、Windows95用ソフトのインストールに挑戦。

結果として、あっけなく成功しました。コントロールパネルからNTVDM(仮想DOSマシン)機能をオンにするだけ。ただしWindows10は32bit版です。64bit版ではダメ。

これでまた時々このソフトを使って遊べます。他にも古いソフトを入れてみよう。

387soft01 387soft02

| | コメント (0)

2017年9月20日 (水)

蕎麦の正解

山梨県某所。知る人ぞ知るお蕎麦屋さん。お店はご主人が一人で切り盛りしているため、これ以上お客が増えると特に週末は対応が困難になってしまうことから、SNSなどで紹介されると困るとのこと。

ということで店名は伏せますが、これまで美味しい蕎麦とは何なのか、というよりも、自分が好きな蕎麦ってなんだろうなと、そんな基本的なことすらよくわからないまま蕎麦を食べ続けていた自分が、このお店の蕎麦をいただくことによって、正解に近づくヒントをもらいました。

このお店は蕎麦粉100%の生粉打ち。現在、蕎麦の種類はふたつ。福井県産丸岡在来種と茨城県産ひたち秋蕎麦。

丸岡は粒が小さいので、粉に挽くと甘皮の割合が多くなることから、甘味や風味が強い蕎麦になります。フワッと立ちのぼる蕎麦の香りは、これまで漫然と食べてきたどの蕎麦よりも強いものでした。

一方のひたちは粒が大きく、デンプンの割合が多いため、プチプチと歯切れのよい蕎麦になります。この日のものは収穫後真空パックにして貯蔵していたため、甘皮の緑色が少し残っていたことから、茹であがった蕎麦もどことなく緑がかっていました。

石臼は特注、水分量(?)は42.5%を基準に0.5%刻みで微調整するとのこと。麺の茹で時間は9秒。あっという間ですね。

ご主人の気遣いポイントはこれだけではありません。ネギはまな板を使わず切って、白い部分のみより分け、水で洗って提供します。蕎麦には付き物の刻みネギですが、自分はネギは臭いがきつすぎて今まで使わない派だったので、これは嬉しかったです。ネギの風味はフワッとしているくらいで十分。

ワサビではなく辛味大根というのもご主人の計算。キュウリの浅漬けは7時間半。これが蕎麦の後に口直しとして食べる場合、ベストとのこと。

この日、蕎麦は種類によって特徴があることをあらためて知りました。次から、こうした点をきちんとわかった上でお店を訪問すれば、いずれ自分がいちばん好きと思える一品に出会えるだろうと、目からウロコの思いでした。

386soba01 386soba02 386soba03
(写真2枚目:丸岡、3枚目:ひたち)

| | コメント (0)

2017年9月15日 (金)

久しぶりのカール

久しぶりにカールを見ました。思わず3個買い。

384karl

| | コメント (0)

ジェンガラ焼き

インドネシアではバティックやコーヒー豆などいろいろお土産を買いましたが、どちらかといえばどれも消耗品的な実用品で、最後に自分用にちゃんとしたお土産がほしいなと思い、あれこれ悩んだ末に買ったのがジェンガラの食器。

バリ島の本店で、全品見くらべた上で、色とデザインは一番ベタなのを選びました。気に入っています。見てよし、使ってよし、思い出にひたるのもまたよし。^^

385jenggala01 385jenggala02

| | コメント (0)

2017年9月14日 (木)

富士見百景

土地柄、富士山が見える展望台があちこちにありますが、自宅からそれほど遠くない場所に、今まで知らなかった絶景スポットがありました。白鳥山森林公園です。

公園入口の駐車場で車を降り、そこから300mほど、明るい林の中よく整備された階段を歩いて山頂まで登って行きます。

ここは、富士山全景の山麓から駿河湾まで見下ろすことができる全国屈指の場所。写真では残念ながら富士山はほとんど雲に隠れています。これはまた後日リベンジに行かなければ。

もっとも、こんな山の中で「恋人の聖地」というのはさすがに無理があるような。。

383fuji01 383fuji02 383fuji03 383fuji04

| | コメント (0)

2017年9月13日 (水)

古いソフトを使いたい (1)

もう20年近く前に買った姓名判断ソフトが、未だにこれを超えるものがないくらい優秀なのですが、もともとWindows95用ということもあり、パソコンをWindows98、Windows XPと買い替えていく中、2005年頃XP機をSP3にアップデートした時から、ついに使えなくなってしまいました。

その後はWindowsもVistaから7になっていき、もう二度と使えないのかなと思っていた2010年頃、MacbookにBootcampでWindows XPを入れたらまた使えるようになり、そこから2年ほど楽しんでいましたが、そのうちMacbookも不調になり、その後に買い替えたMac(のBootcamp)ではWindows7以降しかインストールできなくなっていたため、もう完全にあきらめモードでした。

ところが最近、今だったらなんとかなるかもと思い、ちょっと調べてみたところ、これがなんとかなりそうなので、あれこれ試行錯誤中です。中古のWindows95/98機を買うというのはとりあえず無しで。

ちなみにWindows XP時代に買ったシステムコマンダー(複数のOSを管理できるソフト)をWindows7(Home)機に入れてみたら(Windows XPを入れようと思った)、HDDが一切認識されなくなり、したがってOSもまったく起動しなくなりました。

一瞬顔が青くなりましたが、別に持っていたWindows7(Pro)のディスクで立ち上げインストールにトライしてみたら、実はリカバリー領域として隠しディスク15GBがあることもわかり、そこにインストールすることによって、無事ふたつのWindows7が起動時に選択して立ち上げられるようになりました(選択メニューはWindowsの機能)。

KNOPPIXも持っているので、最初はそれで起動してファイルだけ復旧しようかなとも考えましたが、とりあえずWindows7(Pro)でトライしました。それだとCドライブを初期化してしまう可能性もあったわけですが、隠しディスクがあったのでほぼ躊躇なく進めました。もっとも、ほとんどのデータは増設ディスク(Dドライブ)に入れていたこともあり、最悪、ディスクを取り出し別のPCで読み出せば良いとも考えていました。

そういえばシステムコマンダーはMBRをいじるので、強力ですがとても危険なツールだということを忘れていました。久しぶりに、WindowsとLinuxを1台のPCに入れて遊んでいた当時を思い出しました。

さて、次はWindows10の32bit版ですかね。

| | コメント (0)

みくりやそば

【みくりや(御厨)とは】
中世の日本では、皇室や伊勢神宮などの有力な神社は日本各地に荘園を所有し、その荘園では皇室や神社に献上する米を生産していました。厨は台所を意味しています。静岡県の御殿場(ごてんば)には伊勢神宮の荘園があり、このことから御殿場は御厨と呼ばれるようになりました。

【みくりやそばの定義】
・麺に山芋(自然薯)を使用
・麺は御殿場市内で製麺
・麺と汁に御殿場の水を使用

いただいたのは「JA御殿場そば処」。汁は少し甘めですが、ダシがよく効いていました。これまでそれほどたくさん蕎麦を食べてきたわけではありませんが、麺はかなり美味しいと思いました。それからやはりワサビは本物でした。香りと辛味が抜群。帰りは新東名の駿河湾沼津SAで休憩。伊豆半島がきれいに見えました。

382soba01 382soba02 382soba03 382soba04 382soba05

| | コメント (0)

2017年9月12日 (火)

謎の看板

もう10年、いやそれ以上前からでしょうか、車でよく通る町の四つ角に、怪しげな立て看板が置かれています。なんとほぼ毎日異なるフレーズ。

特定の個人を恨んでいるのか、あるいは国家権力の横暴を憎んでいるのか、看板に荒々しく書かれた文字は刺激的なものばかり。

ネガティブオーラ満載の言葉が書かれているので、その根の深さたるや、常人には計り知れないものがあります。

単語のチョイスやてにをはの使い方がちょっと独特で、やはりセンスが普通の人とは違うんだなと思います。

この看板、基本的には見たくないのですが、交差点を渡る時にどうしても目に飛び込んできます。

ほとんどはげんなりするようなものばかりですが、時々「オッ」と目を引くものもあったりします。最近のヒットは「夢罪」。

この人の顔も素性もまったく知りませんが、「お前が無罪?そんなのは夢だぞ!」と言い放っている顔が目に浮かびます。

実はファンも多かったりして。。

381board

| | コメント (0)

2017年9月11日 (月)

うっとり・しっとりラーメン

前から行きたかったラーメン屋さん、「麺や厨 (みくり)」に行きました。ラーメンの名前がいいですね。^^

うっ鶏ラーメン (うっとり)
お店の看板メニュー。濃厚鶏白湯スープがクセになる。中太麺。

380tori01

しっ鶏ラーメン (しっとり)
究極の「普通」を目指したラーメン。鶏青湯スープは最後の一滴まで美味しい。中細麺。

380tori03

ねっ鶏ラーメン (ねっとり)

丸鶏を2日間かけて仕込む究極濃厚鶏白湯スープ。満足感が違う。太麺。

380tori02

あともう1品、べっ鶏ラーメン (べっとり) というつけ麺があります。それも美味しそうなので、また今度来よう。

380tori04

| | コメント (0)

2017年9月10日 (日)

贅沢ラーメン

インターネットで「贅沢ラーメン」を検索すると、伊勢海老や毛蟹、はたまた和牛やトリュフが載ったものか出てきますが、こちも贅沢です、そう、フカヒレ。

清水の「盛旺」という古くからあるレストランの「フカヒレラーメン」。丁寧にとった中華スープ、もぐもぐ食べられるほどたっぷりのフカヒレ、ツルツルの麺、これぞ滋味。

スープの最後の一滴まで美味しくいただきました。

379fukahire01

| | コメント (0)

2017年9月 9日 (土)

10年ぶりに復活 iPod

10年前、iPod Classic (第5世代) 80GB を買いました。カバーをつけ音楽をたくさん入れ、1週間たった頃でしょうか、うっかり手の高さから床に落としてしまいました。

すると、電源を入れても白く光る画面のまま、ハードディスクがキーンと静かに回転する音は聞こえるものの、それ以上先に進みません。

Macにつないで初期化しようとしたり、あれやこれや試したものの、結局うまくいかず、ほぼ使わないまま机の引き出しにしまうことになってしまいました。(直後に海外に出てしまったので修理にも出せず)

その時から10年たった今日、ふと懐かしのiPodを取り出し、もしかして動くかなーと思いMacにつないであれこれ試してみました。

Mac OSもだいぶ進化しているし、何か勝手に修復とかしてくれないかなと淡い期待を抱いてのことでしたが、何度かやるうち、何かの拍子にうまくいってしまいました。

なんと10年ぶりにiPod Classicの画面に林檎マークが現れたんです。その後は一応Macで初期化し、ソフトを更新、そしてまた音楽を目一杯入れました。

今のところちゃんと動いています。しかも10年まったく使っていなかったのでピカピカ (ジップロックに入れていました)。バッテリーの持ちはこれから検証です。

ちょっと嬉しい一日でした。

| | コメント (0)

道の駅とみざわ

よく晴れた土曜日、国道52号線をバイクで北上すると、ほどなく道の駅とみざわに到着。馬丼に舌鼓を打ち、お土産に鳥もつ煮を買ってきました。

52号線はいつもバイクがたくさん走っていますが、数年前と比べるとハーレーダビッドソンの数が激減しました。今日は1台も見なかったな。ブーム終了か。

一時期883Rに乗っていましたが、いまはVTR (250cc) が楽しくて仕方ありません。とにかく軽やかです。明日はどこに行こうかな。

378kofu01 378kofu02 378kofu03

| | コメント (0)

2017年9月 8日 (金)

さわやか・げんこつハンバーグ

ついにその美味しさが全国に知られてしまった「さわやか」の「げんこつハンバーグ」。

ものすごく繁盛しています。平日でも混んでいます。駐車場には県外ナンバーも多い。

テーブルで最終調理するハンバーグは牛肉100%。中が少し赤いくらいに仕上げます。

余分なものが入っていないハンバーグはお肉そのものの旨味と甘味が感じられます。

県外のみなさんもぜひお試しあれ、と言いたいところですが、これ以上混んでもな。。

377genko01 377genko02 377genko03

| | コメント (0)

2017年9月 7日 (木)

吉田のうどん

【吉田のうどん】
山梨県富士吉田市及び同市を含む山梨県郡内地方を中心として食べられている郷土料理のうどんである。硬くてコシが非常に強い麺とスリダネが特徴となっている。2007年農林水産省が各地に伝わるふるさとの味の中から選定した「農山漁村の郷土料理百選」の一つである。(Wikipediaより)

【特徴】
汁は醤油と味噌を合わせたものが多い。麺は太くかたくコシがあり、乱切りを是とする店も多い。付け合せは茹でキャベツ。肉は馬肉が多いが、豚肉や牛肉もある。薬味は「すりだね」という唐辛子、ゴマ、山椒などを油で炒めたもの。

ということで、自宅からちょうどよいドライブの距離ということもあって、ちょっとだけ吉田のうどんにハマってみました。基本、肉うどんをチョイス。

美也樹(みやき)
県外からも多くの客が訪れる人気店。汁はダシ感がほどよく、手打ち麺はそれほどかたくもなく食べやすい。馬肉。茹でキャベツうまし。

376udon01 376udon01b

みうらうどん
吉田のうどんで1、2を争う人気店。汁はシャープな味。コシのある手打ち麺は形が不揃いで食感にアクセントあり楽しい。たぶんこれが吉田のうどんのスタンダードかと。馬肉は細かくてちょっと食べにくい。

376udon02 376udon02b

麺許皆伝
常に混み合う人気店。汁はダシが良く効いていて、麺はツルツルで吉田のうどんにしては柔らか食感。これは吉田のうどんの新世代か。他店より値段安め、ボリューム多め。お肉は珍しく牛肉。これがまた美味しい。

376udon03 376udon03b

ふもとや
他店より広めの店内は客でにぎわう。汁はシンプルな味わいながら馬肉はしっかり甘辛の味。太麺と茹でキャベツと合わせ、全体のバランスが良い。麺の食感はやや重い。

376udon04 376udon04b

たけ川

広めの店内、丁寧な接客。汁はダシが効いていて、吉田のうどんらしいコシのある太麺が食べごたえ十分。麺はしっかり小麦の美味しさが味わえるため、個人的にはここの麺が一番のお気に入り。馬肉。

376udon05_2 376udon05b

くらよし
汁はきわめてシンプル。形が不揃いの麺はこれぞ吉田のうどんと言うべきコシ、というかかたい。顎が疲れるのが妙に嬉しい。豚肉。「湯盛り」もぜひ。

376udon06 376udon06b

彩花(さいか)
汁ややしょっぱめ、麺平ためで吉田のうどんにしては柔らかめ。吉田のうどんの入門として最適という声にも納得。豚肉。

376udon07 376udon07b

すりだね
吉田のうどんと言えば薬味の「すりだね」が必ずテーブルの上に置かれています。どのお店もオリジナルレシピで自家製すりだねを作っているんだとか。かなり辛いのでちょっとずつ入れると良い。

376udon08

| | コメント (0)

2017年9月 6日 (水)

インドネシア猫コレ

インドネシアの町角で出会った野良猫コレクション。のんびり昼寝を決め込む猫もいれば、ガリガリにやせ細った猫も。野良犬にくらべたらまだマシとはいえ、猫にとってもインドネシアは住みにくい国のようです。ちなみにジャカルタのペット屋通りはコチラ、猫カフェはコチラ(いずれも過去ログ)。

375cat01 375cat02 375cat03 375cat04 375cat05 375cat06 375cat07 375cat08 375cat09 375cat10 375cat11 375cat12 375cat13 375cat14 375cat15 375cat16 375cat17 375cat18

| | コメント (0)

2017年9月 5日 (火)

インドネシア極私的おすすめ料理

インドネシア料理は島によっていろいろ特徴がありますが、どこで何を食べてもそれなりに美味しく、辛すぎてギブアップしたことはあっても、不味くて食べられなかったことは一度もありません。

レストラン巡りにおける自分の行動範囲がB級寄りだったこともあって、言ってみればラーメン・焼きそば・炒飯・カレー、焼き鳥・ゲテモノ・肉団子、といったあたりをグルグルしていたわけで、逆に、心の底から美味しいと思ったもの、ため息が出るほど感動したものなども、正直言うとそんなに多くはありませんでした。

そんな中、これだけは本当に美味しかったと言えるもの、インドネシア料理のベストスリーです。

第1位:ミーアチェ
やはりアチェで食べたミーアチェは格別の美味しさでした。写真はバンダアチェのMie Razaliのもの。本格的なアチェ風カレー味ですが、日本人にもすんなり受け入れられるであろう旨味がたまりません。日本で支店を出したらいけるんじゃないかと思う一方、この美味しさは、今では違法となった魔法のハーブがこっそり使われているのではないかと噂されていることから、レシピは門外不出の可能性も。

374food01

第2位:サテ・キジャン
キジャン(鹿)のサテです。お肉の味もさることながら、真っ赤なソースが素晴らしく、バンジャルマシンで3日連続通ったほど病みつきになる美味しさでした。ただもう地元でも鹿の生息数が減ってしまい、なかなか食べられなくなっているとの情報も。いやだって美味しいんだもの、ホント。

374food02

第3位:ラウォン
スラバヤ名物の真っ黒スープ、ラウォン。ゴロッとした牛肉は柔らかく煮込まれ、奥深い味のスープはご飯との相性もバッチリ。塩茹でのアヒルの卵を入れて食べるのが正解です。激辛チリソースを適量混ぜて食べると一気にローカルグルメ感が出てきて、この変化の妙が楽しいスープでした。最後の方、インドネシア料理といえばこればかり食べていました。

374food03

次点:ハコフグ
新鮮な魚介が自慢のスラウェシ島マカッサルの名物料理、ハコフグの天ぷら。見た目のインパクトは我が人生でも最大級。そして、お味の方も極めて良好。繊細な白身には天ぷらが殊の外合っています。日本でも食べられるのかな。

374food07

さて、インドネシアを離れる最後の頃は、やはりこれだけはもう一度食べておきたいなという料理が鮮明になってきました。自分の場合、それらは必ずしもインドネシア料理ではなかったのですが、抑えようのないストレスがたまった時、本当に美味しいものが食べたいと魂が叫びをあげた時、いつも食べに行っていた料理ベストスリーです。

第1位:Legend of Noodle
このお店の海鮮チャンポンには本当に助けられました。強烈な魚介の旨味に加え相当辛いので、食べ始めると同時に嫌なこともすっかり忘れ、ひたすら麺をすする行為に没頭することができました。700円くらいですが、この値段にしてはかなり豪華な内容です。麺がモチモチで本当に美味しく、ジャカルタにあるあらゆる麺料理の中で一番好きでした。

374food04

第2位:Holy Cow
インドネシア発祥のステーキハウスです。コスパが良いのが第一のウリですが、コスパだけでなくお肉も普通に美味しかったです。元気がない時はいつもここのHoly Stake (400グラム) でした。お肉をモリモリ食べている自分の姿を第三者的な自分が見ていて、「こんなに食べられるならまだまだ頑張れるよ」と自分に言い聞かせていたんだなと、そんなことをぼんやり思い出します。

374food05

第3位:萬味香 (Wan Wei Xiang)
スッポン鍋を食べたのは実はインドネシアのこのお店が初めてなのですが、注文を受けてからさばき、余分な味付けをせずシンプルにお酒と醤油で炊いた新鮮なスッポンスープは、本当にいくらでもいただけるお味でした。食べた翌日はスッキリと寝覚めがよく、明らかに調子よかったです。医食同源、中華料理の偉大さに感服でした。会社でフラフラになり、病院で点滴を打ってまた仕事に戻ってといったこともありましたが、同じお金を払うならこういう元気が出る料理に出したいものです。

374food06

| | コメント (0)

インドネシア極私的おすすめ観光地

インドネシア滞在中、途中で気がついたのですが、自分、なぜか、「バ」のつく町によく観光に行っていました。ということで、極私的おすすめ観光地と銘打ってご紹介するこれらの場所も、当然みんな「バ」がつくところです。

第1位:バンジャルマシン

インドネシアでたまにある三連休や四連休。人気のロンボクとかバリは3ヶ月前から飛行機が埋まってしまいます。バンジャルマシンに決めたのも、飛行機がここくらいしかとれなかったから。あまり期待せずに行ったのも良かったのか、かなり楽しかったです。このブログでも8回シリーズでアップしたほど (1回めの投稿)。南カリマンタンの州都で、東洋のベニス、リバーシティーの名前は伊達じゃない。ここで食べた鹿のサテ (サテ・キジャン) は、あらゆるサテの中で一番美味しかったです。

第2位:バンカ島
スラウェシ島の北の対岸に位置するバンカ島。実はもっとメジャーなブナケン島に行きたかったのですが、こちらも連休の争奪戦に出遅れホテルがとれず、消去法での選択でした。Murex Dive Resortは、マイナーな分ぐっと素朴でより自然を身近に感じられ、余分なものは何もない小じんまりしたビーチリゾートで、ただただきれいな海と夜空を堪能してきました。限られた人数のゲストも昼はみんなダイビングに行ってしまい、毎日砂浜を独り占め。釣りができたのもポイント高かったです。(過去ログはコチラ

第3位:バドゥイ
ジャカルタから車で4時間ほど、バンテン州の山間に、秘境と呼ばれるバドゥイの村があります。彼らは伝統的な慣習に従って昔ながらの生活を続けており、いまだに電気や車など文明の利器を拒絶しています。この時訪れたのは外バドゥイまで。内バドゥイには外部の人間が(インドネシア人であろうと)入ることは許されません。それでも村の雰囲気は、100年ほどタイムスリップしたかのようでした。少女が軒先で機を折り、靴を履かない男たちが荷役仕事をしていました。村の手前にある水のない田んぼもバドゥイ独特のものでした。(過去ログはコチラ

第4位:バンダアチェ
治安状況がそれほど万全ではないことから、観光地としてはおすすめしませんが、現地で食べるミーアチェはインドネシア料理の中でも一、二を争う美味しさですし、インドネシア一美しいと言われるモスクがあり、また津波博物館や陸に打ち上げられた巨大発電船など、2004年津波の記憶を留める多くの遺構があるバンダアチェには、チャンスがあればぜひ行っていただきたいです。(過去ログはコチラとかコチラ

第5位:バリ島
世界的なリゾートですから良くないわけがないのですが、きっとハマる人はハマるんだろうなという感想。あまりに観光地すぎて、たった1回では本当におのぼりさんの観光しかできず、自分としてはやや不本意な結果に。いつかまた行く機会があれば、伝統芸能を楽しむなど目的を決め、ホテルはもっと倹約していきたいなと。(過去ログはコチラ

第6位:バニュワンギ
ジャワ島の東端、対岸にはバリ島が間近に見える町、バニュワンギ。年に1回行われる伝統衣装フェスティバルを見に行ってきました。なんとものんびりした町の風景は、予想外に癒やしをくれました。近年コーヒーの生産に力を入れていて、意外と美味しいコーヒーも飲めます。Osingdelesという地元ブランドはクール。(過去ログはコチラとコチラも

| | コメント (0)

2017年8月24日 (木)

悲しい時・・・

悲しい時・・・

豚の生姜焼きが玉ねぎメインだった時・・・

373sad01

悲しい時・・・

ホテルで頼んだ高い紅茶が薄かった時・・・

373sad02

悲しい時・・・

「A5の松坂牛丼が98000ルピア(850円)?安い!」と思ったら8500円だった時・・・

373sad03

悲しい時・・・

配られたドーナツがコテコテのお肉トッピングだった時・・・

373sad04

悲しい時・・・

スープがメニューと違いすぎた時・・・

373sad05

また今日も悲しみに暮れて夜が更ける・・・

| | コメント (0)

2017年8月23日 (水)

個人的ジャカルタピザランキング

ジャカルタに来てしばらくは週末の行動範囲も狭く、イタリアンのお店が少ないなあと密かに残念がっていたわけですが、そのうちもうどうにもこうにもピザが食べたくなって、会社の同僚に頼み込んでドミノピザに連れて行ってもらったのが、ようやく赴任後8ヶ月目のことでした。

やっぱりピザは美味しいなあとその時しみじみ思ったわけですが、ピザが好きな割に、実はその後も一人でピザを食べに行くことはほとんどありませんでした。感覚的には一人で鍋を食べに行くようなもので、きっと裏で店員に「ピザってみんなでワイワイ食べるものでしょ?」と陰口を叩かれているのではないかと、ついそんな想像をしていた自分。

そんなわけでこの2年間、結局行ったピザのお店は10軒 (2回行ったところは2軒)。美味しいお店は当然他にもあるんだろうなと思いつつ、狭いながらもなんとなくのランキングを。まずはとても美味しかったお店。どのお店も満足度高し。

Mamma Rosy (クマン)
372pizza01

Trattoria (クニンガン)
372pizza02

PEPeNERO (Energy Building)
372pizza03

Plataran Jakarta Patio
372pizza04

次に平均レベルのお店。特に文句はありませんが、あえてこのお店にまた行きたいと思う吸引力はないかも。どれも、上のお店より生地がちょっとだけ厚めです。生地のパリパリ感も弱め。でもここは好みの問題ですね。

Bakerzin (スナヤンプラザ)
372pizza05

Locanda (STCスナヤンの隣)
372pizza06

Domino Pizza (スナヤンシティー)
372pizza07

バリ・テラス (スナヤンアパート)
372pizza08

残りはちょっと失敗かなというお店。チーズ少なめ、生地厚め、おまけにかなり小さめサイズ。ただし、ふたつともランチタイムのセットメニューで、通常のピザを頼めば普通に美味しいという噂も。

Monologの正面にあるお店 (スナヤンプラザ)
372pizza09

Sapori Deli (フェアモントホテル内)
372pizza10

イタリアンのお店、他にもたくさんあります。VIN+(アルカディア) のピザが一番美味しかったという話も聞いています。残り期間で行くチャンスあるかなあ。

| | コメント (0)

イタリアン PEPeNERO

会社の近くにあるイタリアンのお店、PEPeNERO。大人数で行ったのでいろんな料理を楽しむことができました。とくにピザは生地が薄くてパリパリ、個人的ジャカルタピザランキングではかなり上位。他にもハムの盛り合わせ、ポークリブ、スパゲティ、ニョッキと、どれも美味しかったです。

371pepe01 371pepe02 371pepe03 371pepe04 371pepe05

| | コメント (0)

«客家料理 -Liyen-