« ジェッダにドライブ1 | トップページ | 紅海でダイビング »

2006年5月25日 (木)

ジェッダにドライブ2

リヤドを出て150kmをすぎたあたりから、信号もない、平らでまっすぐな道が延々500kmくらい続いています。見渡す限りの土漠、山もなければ草木もない、当然人など住んでいるわけがない。本当に退屈なドライブで、この区間は睡魔との戦いでもあります。リヤドからちょうど500kmの所に、州の境界があります。当時、国内を長距離移動する場合は所属先から移動許可をもらわなければなりませんでした。普段はこの面倒で外国人を管理しようとするシステムを嫌悪していて、検査官にレターを見せる時はよく睨みつけていましたが、今回ばかりは事情が違います。久しぶりに誰かと会話するチャンス。ここで眠気覚ましをしようと、チェックポイントに止まると柄にもなくはりきって挨拶してしまいました。検査官もかなりヒマだったようで、ひとしきり世間話をして、お互いにこやかに手を振って別れました。

リヤドから800kmくらいで、ヒジャーズ山脈がその姿を見せます。途中、メッカの町につきますが、「イスラム教徒以外立ち入り禁止、迂回せよ」という大きな看板があり、日本語も含め数ヶ国語で注意が書いてあります。メッカの迂回路あたりから急に道路は峠道の様相を呈してきます。クネクネクと急勾配を上っていくと、ヒジャーズ山脈の峠に到達しました。しばし車をとめて下界を眺めます (写真)。下を見下ろすという行為は、なんでこうも気持ちが良いのでしょうか。風もヒンヤリとしています。これまでの疲れが吹っ飛びました。しかし今度はまた下らなければなりません。なんか抵抗あるなぁ…。ジェッダまであと100kmになったところで、風の感じが変わってきました。さっきまでの空気の冷たさが嘘のように、暑く重い湿気を含んだ風です。リヤドではまったく経験したことがありません。ジェッダはさすがに歴史のある町だけあって、古い道路と新しい道路が複雑に交差し、新参者にはかなり走りづらい町です。また、市長の美意識によって、近年まっすぐな道路はほとんど作られなかったと聞きました。コルニーシュロードも良い感じのカーブを描いています。リヤドを出たのが朝8時、地図を片手になんとかジェッダの友達の家に着いたのは夕方5時でした。距離は1008km、平均時速は100km以上でした。満足満足。でも、帰りはしんどかった…。
028touge

|

« ジェッダにドライブ1 | トップページ | 紅海でダイビング »

旅行・地域 サウジアラビア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジェッダにドライブ1 | トップページ | 紅海でダイビング »