« 砂漠のトリュフ | トップページ | マンサフ »

2006年5月18日 (木)

ヒツジの脳みそ

ヒツジの脳みそは、決してゲテモノではありません。中東では、サラダに、フライに、蒸し焼きにと、普通に食べられています。スーパーの精肉コーナーにも、生のものやゆでたものがパックに入って売られています。確かに、生のものを店頭で見てしまうと、ちょっとげんなりしてしまうこともありますが、ひとたび料理になれば、フグの白子に匹敵するという日本人もたくさんいました(私自身は白子を食べたことがない…)。ゆでた脳みそを薄切りにしてまぜたサラダも食べましたが、それではやはりシワが見えてしまって、ちょっと口に運びづらいものがあります。なんといってもオススメは、フライです。脳みそを軽くつぶし、塩コショウで軽く味付けして揚げたものですが、ヨルダンでこれを食べたときは心底おいしいと思いました。カリカリの衣、フワフワの脳みそ、噛めばジュワッと口に広がるおつゆ(肉汁ならぬ脳汁?←こう書くと気持ち悪い)。中東はもともとオードブルがすごく充実していますが、脳みそもいろいろ形を変えて食卓に彩りを添えています。さすがにアラブ人はヒツジを食べるプロだと感心してしまいます。

ラクダ肉のところで、脳みそハンバーグを作ったことを書きましたが、あれは是非アラブ人に紹介したいですね。けっこううけると思います。香辛料をまぜた挽肉を鉄の串にさして焼いたコフタという料理がありますが、あれにも少し脳みそをまぜたらもっとソフトな食感になっておいしいんじゃないでしょうか。逆に、日本料理にもいろいろと使えそうです。天ぷらはもちろん、すき焼きに入れてもおいしそうです。豆腐の代わりとしてならだいたい大丈夫でしょう。さいの目に切っておみそ汁に入れたりして、これが本当のミソ汁…、って自分で言ってげんなり…。マーボー脳みそなんてのもありですね。ひょっとしたらもう中国あたりでは食べられているかも。
011noufry

|

« 砂漠のトリュフ | トップページ | マンサフ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域 中東各国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 砂漠のトリュフ | トップページ | マンサフ »