« アップルティー | トップページ | コーヒーのテイクアウト »

2006年5月26日 (金)

カルカデ

中東、特にエジプトでは、大人の飲み物と言えばコーヒー、紅茶 (ミントティーも)、そしてカルカデです。カルカデはハイビスカスの花を乾燥させたもので、煮出すと濃い赤紫色のお茶になります。エジプトはカルカデの一大産地ですが、アスワンなど南部の暑い地方のものが最上級と言われています。最上級といっても1キロ200~300円ですが、やはり高いものはこくがちがいます。まろやかな酸味を多めの砂糖でおさえると、極上の逸品ができあがります。加えて、ガラスのコップに注がれた美しい赤紫の液体を見ると、得も言われぬ感慨がこみ上げてきます。こんなに美しい飲み物を、私は他に知りません (これはちょっと言い過ぎか…)。利尿作用にすぐれているし、あの色はポリフェノールだと聞いたこともあります。おいしくて健康によいカルカデがなぜ世界的にもっと流行らないのか不思議です。ちなみに、日本でもティーバッグのハイビスカスティーを時々見かけますが、あれは似て非なるものです。あれはまずい、本当に。やはりカルカデは豪快に鍋で煮出すのが一番おいしいと思います。日本で買うと中東の10倍くらいの値段になってしまいますが。

|

« アップルティー | トップページ | コーヒーのテイクアウト »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域 エジプト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アップルティー | トップページ | コーヒーのテイクアウト »