« ウミガメ | トップページ | ラクダのこぶ »

2006年5月18日 (木)

ラクダ

サウジアラビアのスーパーマーケットでは、ヒツジ、鶏肉、牛肉に加え、ウサギやラクダの肉も売られています。前々から気になっていたのですが、ある日ついに勇気をふりしぼり、ラクダの切り身を買ってみました。帰宅後、さっそくまな板の上に乗せて、まず感じたのはずいぶん水っぽい肉だということです。砂漠の船と言われるだけあって、肉にも水を溜めているのでしょうか。まず手はじめに塩・胡椒でステーキにしてみると、案の定、水分がどんどん出て、みるみる肉がちぢんでしまいました。焼き上がったステーキはかみ切れないほど堅く、とても食べられません。次にラクダのシチューを作ってみると、これがかなりいけます。ラクダの肉は煮込めば煮込むほどやわらかくなっておいしくなるようです。後日、今度はラクダの挽肉を買ってきて、一緒に買ったヒツジの脳みそと混ぜ、特製ハンバーグを作りました。ショウガやネギ、ゴマ油にしょう油を加え、イメージとしてはヘルシー豆腐ハンバーグといったところです。翌日、知人とバーベキューをしたのでこれを焼いて食べてもらうと、まさに和風ハンバーグのようだとかなり好評でした。

ヨルダンでは、年に一度、ハッジ(メッカ巡礼)を祝うイード(犠牲祭)の時期にラクダの肉が売られます。サウジでは切り身になってパックで売られていましたが、ヨルダンでは首を一本、肉屋の店頭にぶらさげて売っていました。確かに首の肉はおいしいのですが、いくらなんでもこんな姿で売らなくてもなぁと思いました。2kgほど肉を買って店を出ようとしたとき、1台の車がその店の前に止まりました。おばさん2人組は肉の値段を聞くと、「そんなに高いのかい!?、イードの翌日に来るよ!!」と捨てぜりふを残して去っていきました。2人組の言う通り、イードの翌日にはラクダ肉の値段はだいぶ安くなってしまいます。でも、高くてもイードの日に食べたいというのが庶民の気持ちのようです。クリスマスケーキみたいなものですね。
008camelkubi

|

« ウミガメ | トップページ | ラクダのこぶ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域 ヨルダン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウミガメ | トップページ | ラクダのこぶ »