« シャワルマ | トップページ | ウミガメ »

2006年5月18日 (木)

ヒツジの顔

ヨルダンの首都アンマンに、おもしろいレストランがあります。カイロレストランというお店ですが、「ヒツジの頭」というよりは「ヒツジの顔」というべき料理があるのです。その店はなかなかの盛況ぶり。店員にオーダーし、どきどきしながら待つこと数分、やがて目の前にあらわれた皿には、思いっきりヒツジの顔が乗っていました。正確には、脳天でカパッと割られたヒツジの顔、右半分が横たえられていました。なんだかあまりにも「顔」なので、最初はなかなかナイフを入れることができませんでした。あっけにとられている自分を見て、まわりのお客がくすくすと笑っているようでした。いかんいかんと首をふり、気を取りなおしてナイフを取ると、おもむろにあごの方から食べ始めました。

この料理は顔のゼラチンを食べるものです。一番近い食感といえば豚足でしょうか。豚足はけっこう好きなので、この顔料理もばくばく食べることができました。そう、豚足と違って、ばくばくと食べられるほどゼラチンの量が多いのです。フォークの先でプルプルとふるえるゼラチンを見て、コラーゲンだなぁと妙に納得 (←実はゼラチンとかコラーゲンとか区別がよくわかっていない)。少量ですが頬肉もついていて、これがまたとろとろの絶品です。うれしいことに、舌も半分になって残っていました。とろけるほど煮込まれたタンは、これまたうなるほどのおいしさでした。残念ながら脳みそはありませんでしたが、目玉はひとつありました。今まで魚の目玉も食べたことはありませんでしたが、こってりしていてけっこうおいしいんですね。というわけで、見た目はグロテスクですが、ヒツジの顔は本当においしかったです。食べ終わったあと、思わず両手で拝んでしまいましたが。
005atama006atama

|

« シャワルマ | トップページ | ウミガメ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域 ヨルダン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シャワルマ | トップページ | ウミガメ »