« モニュメント | トップページ | ジェッダにドライブ1 »

2006年5月25日 (木)

砂漠のヒヤシンス

サウジアラビアも年によって雨が多かったり少なかったりわりと不安定ですが、全体としては、100年前よりは降雨量が増えているそうです。それは莫大な石油収入をもとに多くの砂漠が緑化された結果、だんだんと気候が穏やかになってきたのだと言う人もいましたが、真偽のほどは定かではありません。それはさておき、私がリヤドで暮らした数年間、1月から3月にかけては案外たくさん雨が降りました。毎年のように「20年ぶりの大雨」とか言われていたように記憶しています。その年も、比較的雨の多い冬でした。3月下旬、「砂漠の女王」を見に行こうといつもの赤い砂漠に誘われました。「砂漠の女王って?」といまいち想像がつきませんでしたが、現地につき車を止めてしばらくうろうろしていると、案内してくれた人が「あ、あそこにある」と声を発し突然砂の上を走り出しました。一応それが花であるとは聞かされましたが、その人が走っていく方向に花のようなものは見あたりません。なんだかキツネにつままれたような思いでついて行くと、その人がニコニコしながら「これこれ」と地面を指さしました。

「え!?」 私はそれを見た瞬間、思わず息を飲みました。一瞬それがなんだか理解できなかったのです。砂の中からニョキッと顔を出したその姿は、私が持っていた花という概念をちょっと逸脱していました。花だけがもこもこっとあって、葉っぱもないし、とにかくなぜ唐突に砂から生えているのかが不思議でなりませんでした。しかしずっと見ていると確かにきれいだし、逆に神秘的なたたずまいがいろいろなイメージを想起させ、終いにはすっかりこの花のファンになってしまいました。サウジの動植物を紹介した英語のガイドブックには、Desert Hyacinthと記されていました。そういえば小学生の時教室でヒヤシンスの水耕栽培をやったなぁ。なお、毎年同じ場所に出かけましたが、たくさん見られた年とそうでない年と差が激しかったのは、やはり冬季の雨の量が大きく関係していたようです。実は一度だけ、この花を掘ったことがあります。もし球根があったら家のベランダで育てたいと思ったからです。60cmくらい地面を掘った結果、すぐ横のもうひとつの花とU(ユー)字型でつながっていただけでした。球根とか根っこらしきものもなし。一体どうなってんの!?
027desertflower

|

« モニュメント | トップページ | ジェッダにドライブ1 »

植物・動物」カテゴリの記事

旅行・地域 サウジアラビア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« モニュメント | トップページ | ジェッダにドライブ1 »