« ジェッダにドライブ2 | トップページ | まずい料理1 »

2006年5月25日 (木)

紅海でダイビング

20才になるまで、日本で海に泳ぎに行ったことはわずか1回しかありませんでした。その1回も「海外に出る前に1度くらいは」というあまり積極的とはいえない理由。そう、私は海が嫌いだったのです。しかしその後カタールの3年間は、海で泳ぐ以外にこれといった娯楽もなかったため、仕方なく毎週海に通っているうちに、「海が大好きになった」は言い過ぎですが、特にこだわりもなく普通に海に行けるようになりました。がらりと変わってリヤドの生活。周りは砂漠で海はおろかちょろちょろ流れる小川くらいしかありません。それはそれで気に入っていましたが、ジェッダに転勤してきた友達が「ダイビングやりに来ませんか」と電話してきたときには、「行く行く」と即答していた自分です。彼はインストラクターの免許があり、今回は私を入れて5名の日本人がダイビングの講習を受けることになりました。まず4日間、学科とプール講習をある人の家 (プール付き豪邸) で行い、次の日いよいよ海の実地講習となりました。

車で20分ほど郊外に走り、シェラトンホテルのプライベートビーチに1歩足を踏み入れると、そこにはリヤドでは到底考えられないようなパラダイスが広がっていました。「ここが本当にサウジアラビア?、女性が水着じゃん!」思わずそう叫ぶ私を見て、ジェッダ在住の仲間たちが「だからナジュドの田舎者は」とか「もうムスリムになったんでしょ」などとからかってきます。しかしショックでした。もうダイビングどころではありません。ずっとビーチにいたい…。というのはさておき、講習といってもそれほど気負うこともなく、我々5人はそれぞれ海の中を楽しみました。インストラクターも「ほとんどただのファンダイビングだった、なんかみんなうまいし」とぼやいていました。紅海はどこからも川が流れ込んでいないため、泥の堆積がまったくなく、極めて透明度の高い海として知られています。通常で20メートル以上、良いときは50メートル先までクリアーに見えるそうです。スズメダイ、ミノカサゴ、ブダイ、チョウチョウウオなど南洋のカラフルな魚が乱舞し、そして時々遠くにサメの姿も見かけます。約10メートルの海底まで陽光が燦々と降り注ぎ、珊瑚が勢いよく成長している様を見ると、「竜宮城ってきっとこんな感じなのかなぁ」とぼんやり考えてしまいました。それにしても楽しかった!!
029jeddabeach

|

« ジェッダにドライブ2 | トップページ | まずい料理1 »

旅行・地域 サウジアラビア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジェッダにドライブ2 | トップページ | まずい料理1 »