« ラクダ | トップページ | 砂漠のトリュフ »

2006年5月18日 (木)

ラクダのこぶ

ヨルダンで年に一度ハッジ(メッカ巡礼)の時期に売られるラクダ肉。その時期、肉屋の店頭にはラクダの首がぶらぶらと揺れています。久しぶりにラクダでも食べようかと、1軒の肉屋に入り店内を物色していると、なにやら白い固まりがフックに引っかけられていました。そのボリュームと微妙なカーブを見た途端、思わず体が固まりました。「もしかしてこれはあれなのか!?」とはやる気持ちを落ち着かせ、店主に聞いてみると、やはりそれはラクダのこぶでした。バーベキューでかりかりに焼くと最高においしいそうです。なんと言うか、「マジ!?」という違和感と、「やっぱり食べるんだ!!」という満足感が交錯した、複雑な、しかしやっぱり嬉しい気持ちに包まれました。頭の中では月の砂漠のメロディーが流れています。砂漠の王子とお姫様もラクダのこぶを食べたのかな、などと考えながら、ひとかたまりのこぶを買って帰りました。

ハッジの時期は、あちらこちらににわかバーベキュー屋が並びます。たいてい肉屋で、軒先には売り物のヒツジがぶら下がっているのですが、自分で肉類を持ち込んでもOKです。よく焼いてくれとひとこと言えば、あとは香ばしく焼き上がったラクダのこぶが出てくるというわけです。コレステロールはかなり高そうですが、肉の脂身が好きな人にはたまらない逸品でしょう。ちなみに、ヒツジのしっぽもそうですが、こういう「全部脂身」というのは、バーベキューにしてもいつが食べどきなのかよくわかりません。焼けば焼くほど脂が落ちていくので、放っておくとそのままなくなってしまいます。まぁ、だいたい火が通って表面が少しカリカリになったら食べ頃ということでしょうか。
009camelkobu

|

« ラクダ | トップページ | 砂漠のトリュフ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域 ヨルダン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラクダ | トップページ | 砂漠のトリュフ »