« 交通渋滞 | トップページ | カイロの教習所 »

2006年6月22日 (木)

交通ルール

ある時、仕事帰りに2車線道路を大型バスとほぼ並行して走っていました。いつも通っているほぼ直角のカーブにさしかかった時、バスの方がわずかに前を走っていて、こちらがちょうど死角になっているようなポジションだったので嫌な予感はあったのですが、2台で同時にカーブした途端、バスが内側にググッと迫ってきて、私の車は中央分離帯と大型バスに挟まれてしまいました。幸いスピードはゆっくりで、お互いにすぐ止まったため大事には至りませんでしたが、バスにこすられた右側のドアが少しへこんでいます。私の運転手はすぐに車を降り、バスの運転手に向かって「何やってんだーっ!!」と怒鳴り散らしていましたが、私にしてみればこんなのはうちの運転手のミスです。こちらは死角を走っていたし、内輪差を考えれば当然の結果ですから。もしバスの運転手に文句を言われて、日本人が顔を見せたら法外な修理代を要求されると思って私は車内で成り行きを見守っていました。

バスの乗客も次々降りてきて、ああでもないこうでもないと話は全然おさまりません。2、3分して、後ろで何百メートルも渋滞している車から大量のクラクションが鳴り始めたとき、ちょっと来てくれと私が呼ばれました。結論として、「これは全面的にバスが悪い、しかし運転手は修理代を払うことができない、あなたは日本人だ、彼を許してやってくれ」ということでした。バスの乗客たちからも「ブリーズ!!」とお願いされ (P音がないのでPlease→Blease)、もともと事故を誘発したという意味ではこちらの方が悪かったんじゃないかと考えていたくらいなので、「わかった、大丈夫」とひと言残し、その場を去りました。帰りの車中で運転手に「あなたも今後は気をつけてくれ」と軽く言ったら、「あれは完全にバスが悪かったんだ」とメチャメチャ反論されてしまいました。何か正しくて何が間違っているのか、いまいちエジプトの交通ルールがわかりません。一方通行を逆走するのも「できる男」みたいな感じだし。

|

« 交通渋滞 | トップページ | カイロの教習所 »

旅行・地域 エジプト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 交通渋滞 | トップページ | カイロの教習所 »