« スリランカのソーメン | トップページ | 自由って何? »

2006年6月17日 (土)

オランダ対コートジボワール

優勝候補の一角とアフリカ最強チーム。前評判通り、激しい試合展開になりました。コートジボワールが序盤から怒濤の攻撃を仕掛け、終始オランダを押していたと感じましたが、終わってみれば2−1でオランダの勝利。個人的にはオランダの優勝を予想しているので、この結果には満足ですが、アフリカ勢にも勝ち星をあげてもらいたいという気持ちが強くあります。特にコートジボワールはアルゼンチンともナイスファイトを繰り広げ惜敗していますから、こうなるとグループ分けに運がなかったということでしょうか。

セルビア・モンテネグロは国が2つに分かれちゃってサッカーどころではなかったですよね。あまりにタイミングが悪かった。

|

« スリランカのソーメン | トップページ | 自由って何? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スリランカのソーメン | トップページ | 自由って何? »