« エジプト神話 | トップページ | 罰金はいくら? »

2006年7月19日 (水)

王家の谷

エジプト観光のハイライト、ルクソール。無数のレリーフに彩られた巨大な神殿にも圧倒されますが、なんと言っても最大の目玉は王家の谷です。王家の谷はその名の通り古代王朝の王たちが自らの墓をつくった秘密の谷です。近世になってその存在を世界が知るところとなった時には、すでにほとんどの墓は盗掘されていて、それ故1922年のツタンカーメン王墓の発見は世界に大きな驚きをもたらしました。王家の谷にはエジプト史に名を残すそうそうたる面々の墓があり、副葬されたであろう財宝はすでに失われているものの、内部の装飾には目を見張るものがあります。あらゆる壁という壁にレリーフが施され、エジプト神話や神に導かれる王の物語がこれでもかというほど描かれています。王家の谷の中でも、ラムセス6世 (だったかな?) の墓の天井に数メートルの大きさで描かれた天空の神ヌトは、今でも目の奥に焼き付いています。

王妃の谷は、王家の谷とは少し離れた場所にあります。ラムセス2世の王妃であるネフェルタリの墓の内部には、王妃や神話の神たちが大胆に描かれています。修復されたとはいえもともとの色を再現したものですから、これらの色鮮やかな絵を遙か三千数百年前に描いた古代エジプト人のイマジネーションの豊かさ、芸術性の高さ、技術的な緻密さに心底驚かされました。ネフェルタリの墓は、エジプトに残る古代壁画のうちでもっとも美しいものと言われるだけあって、私がこれまでに見たどんな美術品よりも感銘を受けました。墓から1歩地上に出れば、そこには荒涼とした灼熱の砂漠 (土漠) が広がるばかりです。王家の谷、王妃の谷には、地下数メートルに広大な宇宙が広がっているのです。
088nefertari088ramsesvi088seti1

|

« エジプト神話 | トップページ | 罰金はいくら? »

旅行・地域 エジプト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エジプト神話 | トップページ | 罰金はいくら? »