« アスワン | トップページ | シナイ山 »

2006年7月 3日 (月)

シャルム・エルシェイク

あらためて数えてみたら、シャルムには3年間で9回も行っていました。いつも週末2泊3日の小旅行でしたが、カイロの生活で感じる激しいストレスを一時でも忘れることができる、貴重な逃げ場所でした。初めの頃は、高級ホテルやお土産物屋、レストランが集中するナーマベイにホテルをとっていましたが、界隈が昼も夜もゴチャゴチャと騒がしいので、次第にナーマベイを避けるようになり、後半はいつもバロンホテルというところに泊まっていました。バロンはナーマベイから遠く、悪くいえば孤立しているのですが、その分プライベートビーチは人もまばらで、海も荒らされておらず、私にとってはとても快適なものでした。宿泊料には朝晩の食事代も含まれていて、ビュッフェスタイルの夕食は日替わりでイタリアン、インディアン、シーフードなどとテーマが決められています。毎回「カイロとは大違いだなぁ」と感動しながらお腹いっぱい食べていました。

シャルムにはイタリアからの直行便もあります。バロンにもイタリア人がたくさん来ていて、よくビーチでバカップルが他人の目をはばかることなく、堂々とイチャイチャしていたものです。ごくたまに、アラブ人とおぼしき女性がビーチにいましたが (サウジとか湾岸諸国の人?)、体の線を他人にさらすことはできないのでしょう、だいたいダブダブの服を着ていました。欧米人女性がトップレスで堂々と寝ころんでいる鼻先で、アラブ人女性が黒いベールのまま海に浸かっている様は、文化の違いを如実にあらわしていてとても興味深いものでした。日本人にしてみれば両方とも極端ですが。
075sharm1075sharm2075sharm3

|

« アスワン | トップページ | シナイ山 »

旅行・地域 エジプト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アスワン | トップページ | シナイ山 »