« シナイ山 | トップページ | ラマダンのイフタール »

2006年7月 5日 (水)

聖カテリーナ修道院

シナイ半島南部、シナイ山のふもとにある修道院です。6世紀、ビザンチン帝国の皇帝ユスチニアヌス1世によって建設されたもので、以来何世紀もの間、この修道院はキリスト教の巡礼地となり、現在も修道院の役割を果たしています。シナイ山の帰りはだいたいここで朝食のお弁当を食べ、修道院の見学をします。一緒に行った人が「見える」人だったのですが、「すぐそこにいる、あ、あそこは怖くて行けない」とか言い出して、なるほど修道僧の魂が今も息づいているんだと感心してしまいました。さすがは由緒正しい修道院です。
077catherine1_1077catherine2_1077catherine3_1

|

« シナイ山 | トップページ | ラマダンのイフタール »

旅行・地域 エジプト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シナイ山 | トップページ | ラマダンのイフタール »