« ジダンに何が!? | トップページ | 管理民族 »

2006年7月11日 (火)

スエズ運河

スエズ運河は紅海と地中海を結ぶ全長163kmの人口水路です。水底の最低幅60m、喫水16m、空船時で15万tの船の航行が可能です。地中海とスエズ湾の水面がほぼ同じ高さなので、パナマ運河のように船を押し上げるための閘門 (こうもん) は必要ありません。ほとんど一方通行ですが、一部にバイパスがあり、相互に航行できる場所もあります。1859年に工事が始まり、10年後に開通しました。工事費用は1億ドル。しかしその後の修復と改善に3倍の費用がかかったと言われています。

ある年、自衛隊の練習船がスエズ運河を航行する折りに、エジプト在住の日本人が船内見学ツアーに招待されました。私はカイロで留守番のため行けませんでしたが、行った人に話を聞いてみると、貨物船、タンカー、空母などがひっきりなしに通っていたそうです。驚いたのは、潜水艦まで通っているという事実でした。レギュレーションがあるため船体を隠すことができず、丸見えで航行している潜水艦というのは、なんだかとてもユーモラスです。
082suez1082suez2082suez3

|

« ジダンに何が!? | トップページ | 管理民族 »

旅行・地域 エジプト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジダンに何が!? | トップページ | 管理民族 »