« おかげさまで | トップページ | イードのご馳走 »

2006年8月23日 (水)

トイレの向き

ヨルダンのトイレには西洋式ももちろんありますが、ホテルなどを除けばオリエンタルスタイルの方が多いと思います。こちらでは水洗いが主ですから、どのトイレもほとんど紙は置いてありません。紙のかわりに水瓶が置いてあるところは大きな違いですが、見たところ、基本的な作りは和式そのものです。おそらく日本人ならほとんどの人が、和式風に奥を向いて座るのではないでしょうか。かくいう私もそのようにしてきました。ところがある日、これは入り口の方を向いて座るものだということを知りました。「今まで反対に座っていたよ」と言うと、ヨルダン人に大笑いされてしまいました。作りはほとんど同じなのに、なぜ座る向きが反対なのでしょう。シルクロードのどこかに、東西を分ける「奥向き/入り口向き」の分岐点があるのかもしれません。
131toilet

|

« おかげさまで | トップページ | イードのご馳走 »

イスラム文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域 ヨルダン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おかげさまで | トップページ | イードのご馳走 »