« ジェラシュ | トップページ | サルト »

2006年8月17日 (木)

アジュルーン

ジェラシュの西、いくつかの山を越えて走ると、十字軍縁の町アジュルーンに着きます。町を見下ろす小高い山の頂には、アジュルーン城が建っています。アジュルーン城は、1189年に十字軍を打破したサラーハッディーン (サラディン) の甥、イズ・アッディーンによって1184年に建てられました。典型的なイスラムの要塞建築で、保存状態も良好です。城の内部は階段と数多くの部屋があり、まるで迷路にいるような気分にさせてくれます。階段を上り屋上の部分に出ると、アジュルーンの町はもとより、北ヨルダン渓谷が一望できます。当時、アジュルーンはヨルダンとシリアの交易ルートを守る上で重要な砦のひとつであり、夜には通信手段のかがり火を焚き、ユーフラテスからカイロへの情報伝達の中継点の役割を果たしたそうです。
125ajlun1125ajlun2125ajlun3

|

« ジェラシュ | トップページ | サルト »

旅行・地域 ヨルダン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジェラシュ | トップページ | サルト »