« 歯医者にて | トップページ | 語感 »

2006年8月11日 (金)

詩的な言語

他の言語同様、アラビア語にもたくさんの諺があります。中には韻を踏んだ語呂の良いものがあり、声に出して読むと思わずニヤリとしてしまいます。「私はジャマル (ラクダ) だと言い君はジャバル (山) だと言う」「彼女のハルワ (甘い料理) を食べるならそのバルワ (まずさ) を我慢せよ」「すべてのヒッラ (村) にはイッラ (欠点) がある」等々。もともとアラビア語は詩的な言語と言われ、特にコーランはきちんと韻を踏んでおり、読み上げてこそその良さがわかるそうです。コーランは正確に言うと「クルアーン (Qur'aan)」で、動詞の「Qa-Ra-A (読む)」から派生した単語です。その名の通りアラビア語のままで読んでこそ価値があると言われ、そのため聖書のようには各国語に翻訳されていません。もちろん、日本も含めてコーランを翻訳した本がいろいろな国にありますが、それはどちらかと言えば文学的な目的で出版されたものであり、宗教書としての取り扱いではありません。アラビア語以外の言語でコーランを暗記したとしても、あまり意味はないということです。インドネシアやマレーシアなどアラビア語圏以外でもコーランの暗記大会が開かれますが、それはすなわちアラビア語を暗記するということに他なりません。日本ムスリム協会では、日本人向けコーランを配布していますが、やはりアラビア語が基本で、横に和訳が併記されています。

ヤー スィーン
ワルクルアーニル ハキーム
インナカ ラミナル ムルサリーン
アラー スィラーテン ムスタキーム
タンズィーラル アズィーズィ アッラヒーム

これは「ヤースィーン章」の出だしですが、こんな感じできれいに韻を踏んでいます (そうでもない?)。コーラン読誦のCDはたくさん市販されていて、どれも天に響くような良い声です。ちなみに下のアラビア語は Mac+iText Express で打ち、画面キャプチャして Photoshop で整えました。本来、コーランは読み方を間違えてはいけないのですべてシャクル (発音符号) が付いていますが、今回は上にカタカナ読みを書いたので省略しました。昔は Nisus Writer でアラビア語をバリバリ打っていたものですが、最近はさっぱりご無沙汰です。OS X 対応で何か良いソフトはないですかね。右から左に書くやつで。
114yasin

|

« 歯医者にて | トップページ | 語感 »

アラビア語・各国語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 歯医者にて | トップページ | 語感 »