« 日本のアニメ | トップページ | イスラムは女性に優しい? »

2006年8月10日 (木)

カナリヤ

ヨルダン人は鳥の愛好家が多いようです。ダウンタウンでは週末になるとある通りに鳥市が立ちます。私も、鳥市で見たカナリヤの鳴き声にみせられ、生まれて初めてカナリヤを買うことにしました。どこで買おうか迷いましたが、鳥かごやエサも買わなければならないので、鳥市の近くにあったペットショップに行きました。店内には何羽か、すでにきれいな鳴き声を発しているものもいましたが、店主に相談しながら、あえて若いカナリヤを選び、じっくり育てようと考えました。「3週間くらいで鳴き始める」という店主の言葉を信じ、それからはカナリヤの世話にいそしむ毎日が続きました。「早く鳴かないかなぁ」とワクワクしながら1ヶ月たちましたが、時々「ピョロヒ~」と短く良い声で鳴くものの、ほとんどは「ギャッ」という鳴き声しか発しませんでした。その時は「隣のケージにいるブンチョウ (一緒に買った) のつがいをうらやましく思って鳴き声をまねしているのかな」程度に考えていました。そうこうしているうちに、事情があってカナリヤはブンチョウとともに知人のお宅に引っ越すことになりました。しかし10日ほどたって知人から「カナリヤが卵を産んだ」という衝撃的な連絡を受けたのです。く〜、あれだけオスって言ったのに。そりゃ鳴かないよ…。ちなみに、鳥市では鳥だけでなく犬やハリネズミも売っています。それと、鳥を売っている横で焼き鳥の屋台がおいしそうな煙を上げているのはどうかと思いました。
113toriichi1113toriichi2113toriichi3

|

« 日本のアニメ | トップページ | イスラムは女性に優しい? »

植物・動物」カテゴリの記事

旅行・地域 ヨルダン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本のアニメ | トップページ | イスラムは女性に優しい? »