« ヨルダンのワイン | トップページ | ワディ・ラム »

2006年8月15日 (火)

灼熱のアカバ

ある夏の日、無性に海が見たくなりアカバに行くことにしました。アンマンが数年ぶりの熱波に襲われていたその時期に、何を好きこのんでアカバなんぞに行くのかと、出発前はヨルダン人にさんざん言われましたが、そんな忠告は軽く聞き流し、意気揚々とアンマンを車で出発しました。それまでの中東暮らしで、ヨルダンは初めてクーラーのない生活でした。自宅や職場に比べたら、車の中が唯一冷房の効いた快適空間です。長距離ドライブも苦にならないどころか、夕方アカバの海が見えてきた時は残念に思ったくらいです。車窓から見る港町のアカバはなんだか涼しげです。来て良かったと心から思いました。しかし、その後は驚くべき現実が待っていました。ホテルの駐車場に車を止めドアを開けた途端、いきなり熱風に襲われたのです。「なんだこれは!?」と一瞬たじろぎ思わずドアを閉じました。ひと呼吸置いてもう一度ドアを開けると、やはり熱々の突風が吹き荒れています。私は車を降りると、この熱風の中で大笑いしてしまいました。この熱さはもう冗談だとしか思えなかったのです。この日、アカバは夕方5時で51度ありました。恐るべしアカバ!!

ホテルにチェックインすると、クーラーの効いた室内でほっと一息つきながら、ベランダから見えるイスラエル領エイラトをまじまじと眺めました。アカバとエイラトはもちろん地続きです。しかし向こうはホテルっぽい建物もたくさんあるし、やけに電気が煌々とついていて何だかとても羽振りが良さそうな雰囲気です。この辺りが国力の差なのかなぁとため息がもれました。泊まっていたホテルも、週末だというのに全然お客がいなくて、ビーチは閑散としていました。
121aqaba1121aqaba2121aqaba3

|

« ヨルダンのワイン | トップページ | ワディ・ラム »

旅行・地域 ヨルダン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヨルダンのワイン | トップページ | ワディ・ラム »