« 灼熱のアカバ | トップページ | 名詞の複数形 »

2006年8月15日 (火)

ワディ・ラム

砂漠は今や重要な観光資源です。アカバからほど近いワディ・ラムは 「アラビアのロレンス」 の撮影が行われた場所としても有名で、ツーリスト受け入れ態勢は万全、気軽にアドベンチャー気分を楽しむことができます。私はジープ3時間コースに参加しました。入り口で代金を支払うと、早速現地の人が運転する車の荷台に乗り込みました。赤い砂丘が横たわる荒野をとばし、ロレンス縁の地や、あのペトラを造ったナバタイ人の痕跡などを訪れました。ギリシャやローマ時代には緑が生い茂っていたとも言われますが、今のワディ・ラムは荒涼とした砂漠地帯です。「月の砂漠」という異名をもつように、そそり立つ岩塊や真っ赤な砂漠を目の当たりにすると、段々と現実感が希薄になっていく感覚に陥ります。ひと通り回ったところでお茶をご馳走になりましたが、ほかに誰もいない荒野で、風と砂の音を聞きながらいただくお茶の味はまた格別でした。途中車がスタックしてしまい荷台から降りて一所懸命押したり、運転手のおじさんの薪拾いを手伝ったりと、盛りだくさんの3時間でした。
122wadirum1122wadirum2122wadirum3

|

« 灼熱のアカバ | トップページ | 名詞の複数形 »

旅行・地域 ヨルダン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 灼熱のアカバ | トップページ | 名詞の複数形 »