« エチオピア人の名前 ~愛称~ | トップページ | エチオピアの朝は早い »

2007年9月15日 (土)

ソッケの木

エチオピア南部、アルバミンチのゾーン事務所を訪ねたとき、担当者の机に「ソッケ(Sokke)の木を守るワークショップ」というパンフレットが置いてありました。目を通してみると、「非常に軽い木であるソッケは地元の漁民が古来から小舟を作るために使ってきたが、近年その数が激減している」ということが書かれていました。ソッケはアルバミンチのアバヤ湖とチャモ湖、そしてズワイのズワイ湖にしか生えていない貴重な木です。アルバミンチでは主に舟に加工されたり、地域住民の薪として利用されています。またズワイでは、よく道ばたでソッケの木から作った軽いイスを売っています。アルバミンチ近郊は全域で森林面積が減少しているそうで、1990年には地域の森林面積は23%あったのに、数年前の調査では7.3%になってしまったそうです。

アジスアベバに帰る途中、ズワイを越えてしばらく走っていたら、いつものように道ばたでソッケのイスを売っていました。以前から、このイスはエチオピア土産としてはかなり良いものだと思っていたので、買うチャンスをうかがっていたのですが、この時、実はけっこう貴重な木だということがわかったので、思わず5個も買ってしまいました。5個で30ブル。1個80円。貴重な木のわりに安い…。もっとお金を出した方が良いのかな?。いや、そうするとますます伐採が加速されるか。うーん、難しい。写真のイスで、重さは700グラム程度です。手で持つと本当に軽いです。

180sokke

|

« エチオピア人の名前 ~愛称~ | トップページ | エチオピアの朝は早い »

植物・動物」カテゴリの記事

旅行・地域 エチオピア」カテゴリの記事

コメント

思わず座りたくなってしまうような椅子です。
座面も脚もとても太いのに、それでも軽いんですね。

投稿: lulu | 2007年9月15日 (土) 09時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エチオピア人の名前 ~愛称~ | トップページ | エチオピアの朝は早い »