« 路傍 (2) | トップページ | 路傍 (4) »

2007年10月 5日 (金)

路傍 (3)

アジスアベバから2時間ほどかけて村の調査に行ったときのこと。目的の村の入り口で、道路に人だかりができています。なんだろうと思いつつ進むと、大型車が電線をひっかけて、電柱が倒れそうになっていました。それにしても平日の昼間から、大の大人が野次馬になってワイワイガヤガヤと、まぁうるさいこと。こちらもしばらく立ち往生になってしまい、「もう、本当にヒマ人だな、みんな働きに行けよ」とイライラしていました。10分ほどすると現場にも冷静さが戻り、人垣が少しばらけてきたので、そこをすり抜けてようやく先に進むことができました。

ところが、道を少しはずれ、目的の村の中に入っていこうとした矢先、乗っていたランクルがスタックしてしまいました。車輪はむなしく空回りするばかり。降りて見てみると、地面は見事にきめ細かい粘土で、このヌルヌルにはさすがのランクルもお手上げでした。しかも、周り一面に広がる畑のどこを探しても、石ころや砂利など一切ありません。あるのは粘土質の土とせいぜいバナナの葉っぱばかり。結局、最後は見物に集まってきた20人くらいの村人に押してもらって、ようやくその場を脱出することができました。最初はヒマ人に悪態をついたこともありましたが、そのヒマ人たちに助けられてしまいました。ありがとう、ヒマ人たちよ。感謝しているんだからそんなに法外なお金を請求しないでおくれ。これ以上あなたたちを嫌いになりたくないのだ。相場ってもんがあんだろ、ゴルア!!

219densen219stuck

|

« 路傍 (2) | トップページ | 路傍 (4) »

旅行・地域 エチオピア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 路傍 (2) | トップページ | 路傍 (4) »