« アラブの歌姫フェイルーズ | トップページ | サウジがますます金持ちに »

2007年10月31日 (水)

サウジアラビア輸出入禁止品目

いくつか興味深いものをピックアップ&ツッコミ。

【輸入禁止】

◎生きた豚、その肉、油脂、毛、内臓、脚、その他豚のあらゆる部分。
(猪の毛の高級ブラシもダメですね。あ、ミミガーも。まぁ、豚肉にこだわらなくても中東はヒツジがおいしいからあまり気になりませんが)

◎蛙の肉。
(なぜわざわざカエル?。コーランに「鱗の無いものはダメ」とか書いてあったかな?)

◎あらゆる種類の酒類および酔いを引き起こす物質。酔いを起こすに足る比率のアルコール。もっぱらアルコール飲料やアルコール類製造の目的で使用される醸造、蒸留装置。
(自分飲めないから全然関係ないや。でもこう厳しくすると裏で流通しがちですね)

◎商業ベースの数量のコーラン
 (あれ?、意外。どういうこと?)

◎タバコ類宣伝媒体。
(タバコはスーパーで山ほど売っていますが、宣伝はダメ。そもそも神から授かった体なので、それをあえて自分から傷つけるような真似はいけません。スモーカーは少数派になりつつあります)

◎十字架、およびイスラム法(シャリーア)、倫理、印刷物規則に違反する写真、絵画、彫り物、引用、表現、本、その他印刷物、フィルム、テープ。
(異教を持ち込むことは厳禁。信仰の自由は無いわけですね。というか、そもそもアダムはアッラーの子、すなわちイスラム教徒なんだから、全人類は須くイスラム教徒であるという視点に立てば、他の宗教はあってはいけないものなんでしょう。あと、エッチなのもダメってことで)

◎イスラム法(シャリーア)や公共道徳に違反する、あるいは商業に適する数量で販売目的に輸入されるフィギュア、像。
(ガンプラはダメなんでしょうか。ケロロとかエヴァのフィギュアはダメなんでしょうかっ!?)

◎ギャンブル等の目的にデザインされた機器、装置。ただし、ゲームやアミューズメント目的のものは除外。
(昔、サウジ人はおしゃべりしか娯楽がないからパチンコ台を輸入すれば大ヒットするぞ、とソロバンをはじいていた商社マンがいましたが、彼の目的達成はまだまだ先のことでしょう)

◎中古、再生タイヤ。
(なんで?、唐突に)

◎クリスマスツリー。
(ついでにクリスマスカードの販売も禁止。マリア様のカードなんてのもダメ。なので12月24日でもリヤドの町にクリスマスの気配はゼロ。海外から届いたクリスマスカードは没収なのだろうか)

◎ナツメグ、その種子、粉末。ただし他の香辛料と混ざったナツメグ粉末については、その成分が20%を越さない場合は輸入可能。
(学生時代、やたらと自然の幻覚物質を求めている友人がいて、ナツメグもそんなもののひとつだと教えてくれました。粉末を煮詰めてごくりと飲んだら、なんだか体が温かくなり、あっという間に時間だけが過ぎていきました。ま、幻覚なんてとてもとても。しかしサウジ政府が禁止しているということは、本当にそっち系の作用があるのかな)

◎衣類の下が透過して裸体が見えるカメラ。
(えぇっ!!、そんな物があるんですか!?。どこに売っているんですか!!)

◎露骨なパッケージを用いたマッサージ器具。
(「マッサージ器具とか遠回しに言って、実はエッチな方面の器具でしょ?」などと考えたあなた、サウジでは「露骨」の解釈が全然違い、レオタードですでにアウトなのです。つまり健康器具のパッケージに普通に見られるレオタード姿の女性は、肌の露出部分を写真のように黒く塗られてしまうわけです。目が黒塗りされていないだけ、これはマシな方です)

◎フェースマスク
(お面のこと?。まぁ、偶像崇拝につながると言えばそうかもしれません)

◎女性用の透明な上掛け。個人用か否かを問わない。
(サウジアラビアでは、女性は外出時にアバーヤという黒い外套を羽織らなければなりません。女性は美しいものであり、つい男性が誘惑されてしまうのを防ぐためです。そうしないと宗教警察、あるいは単に真面目な通りすがりのサウジ人から長時間説教をくらうことになります。しかし透明な外套を羽織って「着ているからね」と主張する女性もいないような気がしますが。サウジ人、ちょっと考えすぎ?。それとも、透明な上掛けって何か他に良からぬ用途があるのかな)

◎ヒステリーな笑い声を出すおもちゃ。
(完全に笑い袋に対する個別攻撃。なんで!?)

◎外国の旗をデザインしたもの。
(これは知らなかった。へぇ~)

◎ライオンの皮、革。
(こんなものどこで買えるの?)

◎音楽が出る装置を組み込んだグリーティングカード。
(あ、これも知らなかった。意外、というか、どうでもよくない?)

◎自動車ドアに挟まったかのように見える、人間の手をかたどった運転手のおもちゃ。
(禁止されたということは、一時期流行ったってことかな)

◎ダビデの星。
(このため、当時からモンブランの万年筆は輸入禁止でした。言われてみれば確かにそうとも見える。今はどうなったかな)

【輸出禁止】

◎ハラース種、および、ナブートッサイフ、スクアイー、シフリー、ムクフィリー、バラヒー、スッカリー、シャラビー、サファーリー、アジュワ、ラウサーネの各種のデーツ。(え!?、サウジのお土産って言ったらデーツくらいしかないからしょっちゅう日本に買って帰りましたけど。個人ベースなら良いってことかな)

◎自然砂、鉱物質を含む砂。
(赤い砂漠の砂は、デーツに次いでお土産として選ぶ人が多いと思うのですが、そうか、ダメなのか)

◎ザムザムの泉の水。
(メッカにあって今も水が湧く有名な泉の水。巡礼シーズンにはスーパーでもボトル詰めのザムザムウォーターが売られるし、巡礼帰りの人はほぼ全員買って帰ると思うんだけど、それもダメなの?)

以上、やはり日本などとは視点が違っていて面白いですね。でも異教徒にはかなり住みづらい国だということは間違いないです。イスラム以外の宗教施設の建設は禁止されているし、他宗教信者が大勢で集まって礼拝するのも禁止。欧米のクリスチャンはいつも不満をもらしています。

227leotard

|

« アラブの歌姫フェイルーズ | トップページ | サウジがますます金持ちに »

イスラム文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域 サウジアラビア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アラブの歌姫フェイルーズ | トップページ | サウジがますます金持ちに »