« サウジで親知らずを抜きました | トップページ | ヒトコブラクダとフタコブラクダ »

2007年11月28日 (水)

豆はおいしい!

先週、サウジ人の友達に誘われ、豆料理専門店に行ってきました。カラハ(Kalaha)レストランという名前は、サウジ人にとってもあまり聞き慣れない名前だそうで、オーナーはヨルダン系とのことでした。同じ料理であっても、ヨルダン、シリア、レバノンは他の地域に比べてひと味違います。食は北アラブにあり、というのがアラビア半島人に共通した考えです。今回もヨルダン系レストランと聞いて、俄然期待が高まりました。

店のメインディッシュは、フール、ホンモス、ファラーフェルという、アラブの食生活には欠かせない豆料理三品です。フールはソラ豆をオリーブオイルやスパイスと煮込みどろどろに煮崩したもの(温かい料理)。ホンモス(ホンモス・ビッタヒーナ)は茹でたヒヨコ豆をオリーブオイルとゴマペーストやニンニクなどのスパイスと混ぜてペースト状にしたもの(冷たい料理)。ファラーフェルはエジプトではタアメーヤとも言いますが、ソラ豆などから作ったいわばコロッケで、揚げたては殊の外美味しく感じるところも、コロッケに似ています(冷めたらちょっと…)。

専門店というだけあって、この三品にはそれぞれ何種類もバリエーションがあります。フールならエジプト風、シリア風、ゴマ風味、エルサレム風。ホンモスはベイルート風、肉入り、松の実入り。そしてファラーフェルでは、スパイシーな炒めタマネギを具として詰めたものなどです(ファラーフェル・マハシーヤ)。このファラーフェルは私も初めて食べたし、サウジ人の友達も他の店では見たことがないと言っていました。この日食べたものの中では一番おいしかったです。

この日は、フールとホンモスを数種類ずつ頼み、他にもシャクシューカ(トマト入りスクランブルエッグ)、肉入りバンドゥーラ(焼きトマト)など食べきれないほどの料理を堪能しました。ヨルダンに2年住んでいた身としては、やはり本場にはかなわないかも、と思ったりもしますが、写真のように見た目はシンプルなのに、やはりリヤドの他の店で食べるものとは味が違うなぁと、ヨルダンの実力をあらためて感じました。ちなみに、料理が来ると我慢できずすぐに手を伸ばしていたので、「あ、写真撮らなきゃ」と気がついたときにはちょっと食べ散らかした感じになっていて見た目が悪いです。恐縮です。

親知らずを一気に抜いたので、当面堅い物は食べる気にならないし、しばらくはこのお店に通おうかなと考えています。

249kalaha1249kalaha2

|

« サウジで親知らずを抜きました | トップページ | ヒトコブラクダとフタコブラクダ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域 サウジアラビア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サウジで親知らずを抜きました | トップページ | ヒトコブラクダとフタコブラクダ »