« やる気のないラクダ? | トップページ | マリア・テレジア銀貨 »

2007年12月 5日 (水)

中学生以来の…

床屋に行きました。リヤドはこの頃寒くなっていっそう静電気がひどくなり、ここ1、2週間服を脱ぐたびにバチバチッと髪の毛が逆立ちうっとおしくて仕方ありませんでした。もうひとつ、明日は誕生日なので、「とりあえずサッパリしとくか」みたいな感じもありました。店に入って散髪イスに座ると、インド人の床屋に「ベリーショート、トップで2センチ」と簡単に伝えました。もともと細くて柔らかい髪質なので、これくらい短くしないと静電気の不快感がなくならないと思ったからです。

すると床屋は、「4センチと1センチのアタッチメントがある」と言いながらバリカンを指さしました。実はメガネをはずすとほとんど見えないので(視力0.1)、「4センチかぁ、ちょっと長いけど、まぁいいや、じゃ、トップ4センチ、サイドとバック1センチで切ってくれ」と伝えました。床屋はまずサイドとバックを簡単に刈ってから、アタッチメントを取り替え、おもむろにトップに刃を入れました。すると、バサバサバサッと意外なほど大量の髪の束がエプロンに落ちてきました。

「ちょっと待て、止めろ」 私は不安になり鏡を凝視しましたが、日没近い店内は薄暗く、私の視力では自分の顔がまったく見えません。あわてて右手を伸ばし頭をさわると、どう考えても4センチの長さはありませんでした。「お前、これ4ミリだろ、4センチって言ったじゃないか!」 思わずそう怒鳴ると、床屋はちょっと困った顔で「4センチはないよ、4ミリだよ」と言います。「だから、お前は4センチと1センチがあるって言ったんだよ、センチとミリってわかるか?、お前は脳みそあるのか!?」 こちらの剣幕に圧倒されたのか、床屋はただ困った顔をするばかりでした。

それからひとしきり床屋を叱りつけましたが、もう彼の思考回路は完全に停止していました。「4センチはないよ、4ミリしかないんだよ…」 床屋は泣きそうな声でつぶやき続けました。別の客が入ってきたのでそこで声を出すのは止め、イスにどかりと腰を下ろし、「さて、どうしたものか」と考えました。もちろん、結論は1秒で出ました。こうなるともうどうしようもありません。あとは4ミリの丸坊主になるだけです。「いいよ、もう全部4ミリにしてくれ」 ぶっきらぼうに伝えると、ようやく床屋はほっとした表情になりました。

というわけで、中学生以来の坊主です。せめて1センチだったらまだなんとか…。いや、最初に1センチと言っていたら、1ミリの坊主になっていたな、きっと…。

|

« やる気のないラクダ? | トップページ | マリア・テレジア銀貨 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旅行・地域 サウジアラビア」カテゴリの記事

コメント

なにがどうして、センチがミリになってしまったんでしょうね。4ミリに覚悟を決めたshukranさんは大人です!その後のまわりの反応などもお聞かせ下さい。

投稿: lulu | 2007年12月 5日 (水) 09時23分

今月はハッジ(巡礼月)のため、周りにも坊主あるいはツルピカ君が増えています。実際に巡礼に行く人はもちろん、行かない人でもなんとなく1年(イスラム暦だけど)の終わりのみそぎ(?)の意味でそうする人が多いからです。1年で一番坊主率が高いこの時期だったのは、ある意味運が良かった?。

投稿: shukran | 2007年12月 6日 (木) 17時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やる気のないラクダ? | トップページ | マリア・テレジア銀貨 »