« 記録的な寒さ | トップページ | クリスピークリームドーナツ »

2008年1月13日 (日)

ブッシュ来訪

ブッシュ大統領がサウジアラビアを含め中東を歴訪しています。パレスチナとイスラエル、クウェート、バハレンに続き、今日(13日)はアブダビ、そしていよいよ明日(14日)はリヤドを訪れる予定です。各国でフリーダム・アジェンダに基づき演説をしているそうですが、絶対王制の専制君主国家で「民主主義の導入を!」とか言われても、国王たちはどう受け止めて良いかわからないでしょうね。個人的には、アラブ人をまとめるにはたぶん専制政治の方が向いていると思うし、実際国王たちは見事に近代化を果たしたし。

ブッシュのフリーダム・アジェンダとは、簡単に言えばイラクに自由と民主主義を定着させることによって、中東の中心地域に「民主化モデル国家」を樹立し、イスラム過激テロとの思想闘争に勝つという政策です。いわゆる「中東民主化構想」の根幹につながるものですが、いつまでたってもイラクの治安状況は改善されないし(改善傾向ではあるらしい)、米兵の犠牲者は3000名を越えたしで、アメリカ国民もいい加減辟易しているでしょう。まぁ、ブッシュが再選した時点で私の中のアメリカ人評価はガタ落ちしましたけど。

今回各国で行われた演説の中では、今年6月までに2万人規模の米兵を撤退させることにも触れていますが、このままでは「無謀な戦争を始めた挙句、シッポを巻いて逃げた大統領」という悪評が永遠について回ることは間違いありません。ブッシュ大統領は昨年11月、米アナポリスで中東和平国際会議を開催し、「1年以内に中東和平を達成する」との目標を掲げました。これが実現されればもちろん歴史に残る大統領になるでしょうが、さて、そんなウルトラCは本当に可能なんでしょうか。

うちの職場スタッフも、ブッシュが今回何か成果を上げるとはまったく考えておらず、もっぱらの関心事は、明日のブッシュ訪問でオフィスが休みにならないかということです。路上検問とか道路封鎖とかいろいろ厳しいでしょうから。

|

« 記録的な寒さ | トップページ | クリスピークリームドーナツ »

旅行・地域 サウジアラビア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 記録的な寒さ | トップページ | クリスピークリームドーナツ »