« タガログ語 | トップページ | 日本語の起源 »

2008年1月24日 (木)

オブリガード=ありがとう?

リスボンからシントラへのバスツアーに参加した時のこと。若い女性のガイドさんと会話していました。「日本人なのになんで日本人専用のツアーに入らないの?」「いや、海外に住んでいるのでそういうのを手配できなくて」「日本人はポルトガルのこと知っているかな」「ザビエルと南蛮貿易は必ず学校で習いますよ」などと話していて、そのうち「日本語でサンキューってアリガトウだよね、ポルトガル語のオブリガードと似ているけど関係あるのかな」と聞かれました。その時は「ふぅん」とうなずいただけでしたが、よく考えるとなかなか興味深い話だなと思いました。

南蛮貿易や宣教師を通じて「Arigato」と「Obrigado」のどちらかの言葉が生まれたのかもしれないと考えると、なかなか愉快です。ポルトガル語の「オブリガード」は、兄弟言語であるスペイン語(グラシャス)やイタリア語(グラッチェ)と比べると完全に系統が違うので、「ひょっとして日本語から?」なんて考えてしまいます。逆に、当時の日本では京言葉の「オオキニ」が主流で、そこに舶来のエキゾチックな響きを持つ「オブリガード」がちょっと訛って「アリガート」になって日本人の間に流行った、と考えるのも悪くありません。カルタ、金平糖、ボタン、襦袢、タバコなどポルトガル語起源の単語はたくさんありますから。

ちなみに、旅行前に簡単な会話帳を見てオブリガードという言葉は知っていましたが、日本語との関連性はまったく考えませんでした。ポルトガル人とスペイン人は母国語同士でしゃべっても余裕で会話が成立するらしいですから、微妙に似ている言葉とかたぶん語源が同じ言葉というのがすぐにピンと来るんでしょうね。確かに、どこの国の言葉ともまったくつながっていない、完全に独立した言葉というものもあまりないでしょうから、普段その辺を意識して外国人と会話すると面白いかもしれません。

|

« タガログ語 | トップページ | 日本語の起源 »

アラビア語・各国語」カテゴリの記事

コメント

「オブリガードの語源 - 教えて!goo」http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1125589.html
によれば、
Obrigadoは動詞obrigarが語源で『恩義を受けた』という形容詞です。
とのことです。ちょっと夢がないですね・・・。
でも考えると楽しいですよね。

投稿: lulu | 2008年1月24日 (木) 19時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タガログ語 | トップページ | 日本語の起源 »