« アフリカ最後のオオカミ | トップページ | ブッシュ来訪 »

2008年1月13日 (日)

記録的な寒さ

先週末から、サウジアラビアは寒い日が続いています。リヤドは世界的にも「最も暑い首都」のひとつですが、今週は日中でも最高気温が13度、明け方には0度にまで下がった日もあります。そして、この寒さは来週も続く見込みのようです。多くのメディアで「この40年間で最も寒い」と言われていますが、実際にはそんなことはなく、1992年にリヤドはマイナス4度を記録しています。確かに当時、めちゃめちゃ寒い冬がありました。しかし記録的な寒さであることにかわりはなく、職場のスタッフも寒い寒いと肩を丸めています。また、北部のタブークなどでは久しぶりに雪が降ったそうです。

昨年8月末に赴任したときは日中の最高気温が40度以上でした。しばらく人が住んでいなかった家に入ったので、最初の1週間はクーラーをかけてもちっとも家の中が涼しくならず、ずいぶんと寝苦しい夜を過ごしたものです。それが今はヒーターをつけないとガタガタとふるえが止まらないのですから、「夏暑く冬寒い」砂漠気候にもほどがあります。これが海沿いのジェッダだともっと気候が穏やかなんですが…。

275weather

|

« アフリカ最後のオオカミ | トップページ | ブッシュ来訪 »

旅行・地域 サウジアラビア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アフリカ最後のオオカミ | トップページ | ブッシュ来訪 »