« ラクダ市場 | トップページ | 犬飼いたい »

2008年1月11日 (金)

サウジアラビアの結婚披露宴

久しぶりにサウジアラビア人の結婚披露宴に出席しました。あらためて、日本とは随分やり方が違うなぁと思いました。まず、式は必ず夜です。今回は夜8時スタート。今は冬なので最後の礼拝が7時過ぎに終わりますから、礼拝を終えて集まるには丁度良い時間です。招待状はたくさん出しますが、出欠の返事は特に求めません。来る者は拒まず、来た人はすべて出迎えるというスタイルです。男女は入り口が別々で、違うホールに入ります。女性の方は写真厳禁で、カメラやカメラ付き携帯は入り口で預けるとのこと。ということで、ここからは男性会場のレポートです。

会場は広々していてソファーがたくさん並べられていました。200人以上座れるでしょう。夜8時にはすでに30~40人いましたが、時間がたつにつれだんだんと人が増えていきました。一番奥に新郎と父親が立ち、来客を出迎えます。ご祝儀はなし。私も新郎と握手を交わし、手短にお祝いを伝えただけでした。あとはソファーに腰掛け、お茶を飲みつつ周囲とおしゃべりしながら、ご飯が出るのを待つだけです。しかし今回は、うれしいことに友人たちが新郎の前で踊りを披露してくれました (歌いながら花いちもんめのような動きをする)。今までで一番披露宴らしかったです。普通は何もありませんから (女性会場は楽隊が入りみんな歌い踊るらしい)。

夜10時、会場がほぼ満員になると、大きな扉が開かれ、隣のダイニングホールに移動するよう促されました。そこには8人掛けのテーブルがたくさん並べられていて、なんとそれぞれにヒツジの半身がどーんと乗っかった大きなご飯の盆が置かれていました。なんとも豪勢な食事です。というかちょっと無駄…?。どうせみんな残すんだからこんなに奮発しなくても、とついつい考えてしまいますけどね、日本人は。しかしヒツジのカフサはおいしかった!。うちのテーブルのヒツジは頭がついていたので、柔らかい頬肉に舌鼓を打ちました。できればお皿が欲しかったですけど… (みんな手で食べる)。

食事が終わると、男性チームはもう何もやることがありません。ここでお開き、三々五々会場を後にします。私もここで帰りました。時間は10時50分。この時、女性会場には未だ新婦は到着していなかったそうです。女性チームは一体何時に終わったんでしょう。女性はみんな派手なドレスで着飾っているそうですが、こればっかりは自分では見ることができません。うーん、残念。なお、新婦到着後、新郎は女性会場に連れて行かれ、みんなに品定め(?)されるのがお決まりです。もちろん、その時女性たちは全身にベールをまとって、新郎からは見えないようにするそうです。なんか怖い…。

271wedding1271wedding2271wedding3

|

« ラクダ市場 | トップページ | 犬飼いたい »

旅行・地域 サウジアラビア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラクダ市場 | トップページ | 犬飼いたい »