« ペルガモン博物館 | トップページ | ファッカ・ミー »

2008年1月 9日 (水)

サウジアラビアで日本のテレビ!

昨年から一部で話題沸騰の KeyHoleTV (キーホールテレビ)。これは総務省の「次世代P2P型コンテンツ流通高度化技術に関する研究開発」によって開発されたP2Pテレビをパソコンで受信する為のアプリケーションです。この無料ソフトを使うと、リアルタイムで日本の民放テレビをパソコン上で見ることができます。ただし、サウジアラビアはどこもお世辞にも通信速度が速いとは言えません。我が家のインターネット環境は他のコンパウンド(外国人が居住する集合住宅)に比べたらまだましな方ですが、時間帯によってなんとか試聴できる、というレベルです。

日本時間の早朝の放送であれば(サウジの深夜12時は日本の朝6時)、画像はすぐに止まってしまうものの、音声はほとんど問題なく聞き取ることができるので、ずいぶんと重宝しています。日本の夕方以降の放送は、画像のフリーズに加え、音声もとぎれとぎれになり、とても試聴に堪えるものではありません (こちらのネット環境が悪くなるのか、視聴者のアクセスが集中するためか?)。ただし、アニメなら1日中ほぼOKなのはうれしいところです。年末はドラえもんとハイジを見ていました。その時クララが立ったんです!

ソフトは頻繁にアップデートされているようなので、いずれ、もっと低速な環境でも試聴できるようになるのではないかと期待しています (音声のみ受信とか)。なんだか一気に日本が近くなりました。こういう技術の進歩は大歓迎です。

|

« ペルガモン博物館 | トップページ | ファッカ・ミー »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ペルガモン博物館 | トップページ | ファッカ・ミー »