« 土漠で化石拾い | トップページ | ホラー映画 -日本- »

2008年2月22日 (金)

ゾンビ・ドッグ

邦題が近年まれに見る馬鹿タイトルなので、ホラー映画のつもりで見始めた人はきっとガッカリすると思います。自分も最初は、ゾンビと化した犬が人間たちに襲いかかり血と肉が飛び散るスプラッタ映画だと思いました。しかし本作は、実際にあった女性連続殺人事件を基に作られた、かなりひねりの効いたサイコ映画です。原題は「Lucky -Based On A True Story-(ラッキー -真実に基づく-)」。ラッキーとは劇中に登場する犬の名ですが、あくまで狂言回しとしての役割で、確かに人の言葉をしゃべりますが、ベイブのように台詞に合わせて口を動かすわけでもなく、もちろんゾンビのようにおどろおどろしい特殊メイクをされているわけでもありません。一度は車に轢かれて血だらけになって死に、それがまた生き返ったという設定なのに、普通の可愛らしい姿のまま。これは重要な伏線です。

主人公は、スランプに陥り酒浸りのアニメ脚本家。ある夜、ビールを買った帰りに車で犬を轢いてしまい、血だらけの犬を自宅に持ち帰ります。ネームタグから「ラッキー」という名であることがわかりました。原稿取り(女性)、電気の検針(女性)、宗教の勧誘(女性)が家を訪ねてきますが、みんな彼を馬鹿にしているか利用しようとしているのが見え見え。宗教への寄付を求める女性に対しては、斧でその首を落とす妄想をしてしまいます。「とにかく女性と付き合わねば」とあせった脚本家は、年輩のストリッパー、女装の異母兄弟、老女、修道女、車イスの女性を自宅に招きますが、ちっとも会話がかみ合わずむしろ毛嫌いされるばかり。古いテレビドラマを見続け、自分で女装したりもしますが、いつしか「ミスティ」という理想の女性を妄想するようになりました。

女性編集者(代理人)が現れ、パートナーを解消すると一方的に宣言された夜、ラッキーが息を引き取ります。しかし地下に埋葬すると、ラッキーは急に息を吹き返しました。ラッキーはパソコンの前でスランプに苦しむ彼に対し、テレパシーで話しかけ脚本のアイデアを出します。中年男性風の低い声色で「シェイクスピア君」などと話しかける人を見下したラッキーの口ぶりに反感を覚える脚本家でしたが、彼に選択の余地はありません。実際、ラッキーの言うとおりに書いてみると、すぐに脚本の買い手が見つかりました。また、ラッキーに命令され嫌々散歩に出かけると、偶然にも理想の女性・ミスティに出会うことができました。そこから彼はミスティと夜な夜な食事と会話を楽しみ、有頂天になっていきます。

ラッキーの指示で次の脚本を書き上げた彼は、原稿取りの女性に、ガールフレンドができたことを得意げに自慢しました。ただし、ミスティとはまだ男女の関係にはなっていませんでした。あいかわらずその一線については想像で楽しんでいるだけです。その後ミスティは、脚本のアイデアを出しているのが犬のラッキーだと知り、彼の電話を取らなくなってしまいました。脚本家に対し、ラッキーは仕事に没頭するよう迫ってきます。彼はミスティを拷問する妄想に耽りました。ある夜、原稿取りに来た女性にもラッキーの正体を知られてしまい、あやまって彼女を殺してしまいます。一度は地下に埋葬しますが、思い直して死体を自宅に持ち帰り、しばらく彼女の体を楽しむことにしました。その後、形見として歯を抜き取りあらためて地下に埋葬しますが、ラッキーは未成年の少女の死体で楽しんだ脚本家をなじりました。

脚本家の自宅を訪れ、再度契約したいと媚びを売ってきた女性編集者に対し、彼は「踊りを見せろ」と命令し、ニヤニヤ鑑賞した後に「猫背で踊る奴とは契約しないよ」とバカにして追い出します。相変わらずミスティとは連絡が取れません。無性に原稿取りの少女に会いたくなり墓を掘り返すと、出てきたのはミスティの無惨な死体でした。しかもラッキーが殺し、顔を食べたというのです。ラッキーを殺そうとした脚本家ですが、逆にラッキーには到底敵わないということを思い知らされました。また、地面の下にはこれまで彼をバカにしていた女性たちの死体が埋められていることにも気がつきました。ラッキーにおびえ、命令に従って女性を襲う脚本家。ターゲットはいつもビールを買っているドラッグストアの女性店員です。彼女を誘拐し、首を絞めて気絶させることを繰り返し飽きるまで楽しんだ後、ラッキーに女を引き渡しました。

しかし相変わらず脚本家のすべてにケチをつけるラッキー。彼はラッキーの力を借りずに脚本を書くため、自分の意志で計画的殺人を始めます。殺した女性たちの形見である歯のコレクションはどんどん増えていきました。そしてついに、ラッキーを見返すため、自ら発火剤を頭からかぶり、ライターを片手にラッキーを脅しにかかりました。しかしラッキーの冷静な口ぶりは普段とまったく変わりません。結局ライターの火は消えてしまい、そしてまたラッキーのアイデアを脚本にする生活が始まりました。脚本は売れ続け、欲しいものはすべて手に入れた彼ですが、ミスティを失った喪失感を埋めることはできず、むなしさの果てにピストルで自らの頭部を打ち抜き自害して、映画は幕を閉じます。

映画を見始めて早々、これは狂った男の妄想であると理解しました。物語の結末としては、大量殺人で逮捕された男が警察の精神鑑定を受けながら、「すべて犬の指示でやった」と真顔で主張するシーンが頭に浮かびました。結局、ラストシーンは男の自殺だったので、男が脚本家であるということ、大量殺人が行われたということのすべてが妄想だったという可能性も出てきましたが、そう考えるとストーリーとして成立しなくなってしまうので、一応、男が脚本家であるという設定は事実として、だとしたら、男はどこから狂っていたのか考えてみます。普通に考えると、ラッキーが生き返るところからが男の妄想なのですが、ちょっとひっかかることもあります。

男が自殺する前に「そんな風にして何年もが過ぎた」というナレーションが入るのですが、その直前にラッキーが語るストーリーが、巨大殺人アリの物語なのです。映画は同じような巨大殺人アリのストーリーを語りつつ幕を開けるので、ここで無限のループに陥っているのではないかと思うわけです。時間軸にひずみが起こっているということは、ラッキーとの出会いそのものが疑わしくなってきます。うーん、やっぱり最初から最後まで妄想なんだろうか…。この映画はほとんどすべて夜のシーンです。最初の方で自宅に女性を招き入れる時は、バックの窓の外はやや明るい光線ですが、部屋の中は薄暗く電気スタンドをつけています。はっきり日中のシーンなのは、ミスティと出会う時だけ。どうせならすべて夜にしてほしかったですね。そうすれば全部妄想だったと整理しやすいのですが。

されはさておき、この映画の何が怖いかというと、全編に満ちた不条理な (ある種滑稽な) 狂気もさることながら、「もしかしたら自分も」と感じてしまうところではないでしょうか。普通に小市民として健全に暮らしているはずの自分が、何かの拍子で歯車が狂いだしたら、この脚本家のように殺人者になってしまうのではないか、という恐怖もあります。しかしもっと身近な感覚として怖いのは、架空の恋人を想像でつくり上げ、最初は戯れ、やがて虐待、そして殺人にまで行き着くところではないでしょうか。この映画を観て、自分にもそのような想像上の残虐性があることに気がついた人は身震いしてしまうと思います。「理想の彼女」については誰しも一度は考えたことがあるものですが、想像とはいえ、どこまでが正常で、どこからが異常なのでしょうか。そして異常な想像をしていた人間はみんな、いずれ殺人者になる可能性があるということなのでしょうか。

本作の監督は、「ほら、あんただって考えたことあるだろ?」と問いかけているように感じます。そして、「例え想像だとしても、あんたがしたことは変態そのものだね」と薄ら笑いを浮かべているのです。電気ショックを与えたり、首を絞めて気絶させたり…。この映画を観て「意味不明、金返せ!」と思った人はたぶん正常。少しでも「怖い」と感じた人は、自分自身のダークサイドをもう一度見つめ直す必要があるかもしれません。つーか自分? (爆

|

« 土漠で化石拾い | トップページ | ホラー映画 -日本- »

映画・アニメ・本・音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 土漠で化石拾い | トップページ | ホラー映画 -日本- »