« 国家の行方 | トップページ | エチオピアの褒め方 »

2008年5月20日 (火)

2000億円ていくら?

■英防衛航空大手CEOら、サウジ不正売却疑惑で一時拘束
18日付の英紙サンデー・テレグラフは、英防衛航空大手「BAEシステムズ」のマイク・ターナー最高経営責任者 (CEO) ら幹部2人が先週、サウジアラビアへの兵器不正売却疑惑に絡み、米国内で米司法当局者に一時拘束されたと伝えた。ターナー氏らは携帯していたパソコンなどを押収され、英外務省当局者は懸念を表明した。BAE社は、トルネード戦闘機など武器売却に絡み、少なくとも10億ポンド (約2000億円) に渡る裏金をスルタン皇太子の息子で元駐米大使のバンダル王子らに渡したとの疑惑が報じられている。
(2008年5月18日 Yomiuri Online)

だそうなんですけど、まぁあくまで疑惑なんで真相はわかりませんが、それにしたって2000億円て…。これだけお金があったら社員で山分けして会社を解散しちゃえばいいじゃんなんて思ったりもするし、さすがにこの額はないんじゃないでしょうか。そもそもどうやって振り込むんでしょう (振り込みという発想が庶民?)。すぐばれちゃうでしょ。こんな大金。20億円ずつ100回ローン?。そんなアホな。ゴルゴ13も使っているスイス銀行なら大丈夫なのかな。しかし2000億円ていくらだ?。回転寿司が何回転食べられるんだ? (←バカ)

なんてあれこれ考えていたら、CNNニュース (英語版) にも同様の報道がありました。2007年9月、BAE社はサウジアラビアに対し72機のユーロファイター・タイフーンを売却する契約を結びました。契約金額は200億ポンド (4兆円/おそらく既存のトルネード戦闘機の近代化改修費も含んでいると思います)。そこで不正なお金を数百万ポンド (4億~10億円くらい?) 渡したと見られているそうです。一方で、BBCニュース (英語版) ではそもそも契約金額が60億ポンド以上 (1兆2000億円~) という報道でした。その他に契約金額100億ポンドという情報もあるし、こういう商売は何かと秘密が多いんですね。

いずれにしても、裏金2000億円はないでしょう、さすがに。まぁ10億円くらいだったら、契約金額にもよりますが、為替変動を考えたら誤差みたいなもんですね。今回の騒ぎも何かの誤解なのかも。でもユーロファイターは1機6200万ポンド (124億円) ということですから、どこでそんなに割高になっているんだろう。もし本当に4兆円なら単純計算でユーロファイターが300機以上買えるんだけど…。ま、いろいろオプションをつけたりしてるんでしょうけど。

しかしこう考えると、世界中の紛争・戦争の諸悪の根源は、高性能な武器を次々に開発して途上国にガンガン売りつけている先進国ですね。紛争がなくなったら一番困るのは軍需産業をもつ先進国でしょう。武器輸出国に平和を語る資格はないですよねぇ、本当に。

378typhoon

|

« 国家の行方 | トップページ | エチオピアの褒め方 »

旅行・地域 サウジアラビア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 国家の行方 | トップページ | エチオピアの褒め方 »