« ヤギのポーズ | トップページ | 肉! 肉! 肉! »

2008年5月 6日 (火)

ヨルダン料理

ヨルダン料理の筆頭、「マンサフ」については以前こちらに書きました (あと羊の顔料理も)。アラビア半島の人たちもヨルダン料理のおいしさについては太鼓判を押すほどで、自分も久しぶりにサウジアラビアに戻ってきてアラブ料理を食べてみたところ (サウジ料理ではないのが残念)、ますますヨルダンのすごさを知ることになりました。今から考えると、同じような料理でもどこかひと味違っていて、きっと食べる側も舌が肥えていたんだろうなと想像しています。そのいくつかを写真で紹介します。

*1枚目:前菜 (下にあげた料理全部は写っていません)
ヨルダン料理は前菜が豊富です。メインディッシュよりおいしいんじゃないかと思う時もあり、また量もかなりのボリュームなので、セーブして食べないとメインが入らないこともあるくらいです。「タブーレ」は大量のバクドゥーニス (イタリアンパセリ)、少量のトマト、ミント、ネギを細かく刻み、レモン、オリーブオイル、コショウなどで味付けした、アラブ料理を代表するサラダ。他にはホンモス (すりゴマ入り豆ペースト)、ムタッバル (ナスのペースト)、腸詰め、血のソーセージ、ヨーグルトサラダ、オリーブサラダ、脳みそのフライ、チーズフライ、クッベ (紡錘形のメンチカツっぽいフライ)、クッベ・ナイエ (香辛料を混ぜたクッベ用の挽肉を生で食べる)、小鳥の丸揚げ、ファラーフェル (豆のコロッケ)、エナブ (ご飯をブドウの葉でくるんだもの)、マハシ (ズッキーニなどをくり抜きご飯を詰めたもの) などなど。

*2枚目:マクルーバ
「上下逆さまにひっくり返した」という名前をもつご飯料理。ご飯の上に表面を埋め尽くすほどの肉 (チキンやラム) が乗っています。ご飯にはカリフラワー、ナス、豆などの野菜が一緒に炊き込まれ、仕上げにナッツのフライがふりかけられます。ジャミード (ヨーグルトソース) をたっぷりかけて食べるマンサフが苦手な外国人は多いのですが、そんな人たちにも大好評なのがマクルーバです。自分はどちらか決めかねるほど、マンサフもマクルーバも大好きです。なお、マクルーバはパレスチナでもっともポピュラーな料理とも言われています。ヨルダンの代表料理マンサフに対して、パレスチナのそれがマクルーバなのかもしれません。よく考えたらマクルーバをごちそうになったのはどれもパレスチナ人の家でした (みんな国籍はヨルダン人)。まぁ、おいしいご飯を前にして、政治の話はよしましょう。

*3枚目:ラムすね肉のグリル
中東はラムがおいしいです。ビーフは値段も安いですがその分味もいまいち。チキンはおいしいですが、ちょっと軽い。パンチのある肉料理をガッツリ食べたいという時は、やはりラム。しかも、肉の真ん中にビシッとまっすぐな骨が通り、その部分を手で持ってガツガツとむさぼるように食べられるすね肉が最高です。写真の料理はアンマンのスウェーフィーヤ地区にあるレストランのもの。炒めたタマネギ、ジャガイモと一緒に素焼きの鉢に詰められ、オーブンでじっくりと焼かれたものです。骨からも簡単に肉がはがれるので、食べた後はきれいなツルツルの骨が残るばかりです。これは旨い!。味、ボリュームともに大満足の一品でした。(アラビア語で固有の料理名があったかどうか忘れてしまいました)

359jorfood1359jorfood2359jorfood3

|

« ヤギのポーズ | トップページ | 肉! 肉! 肉! »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域 ヨルダン」カテゴリの記事

コメント

おもしろいですね!

投稿: | 2009年1月20日 (火) 15時13分

おもしろいですね!

投稿: ! | 2009年1月20日 (火) 15時14分

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------(ー0-)

投稿: ! | 2009年1月20日 (火) 15時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヤギのポーズ | トップページ | 肉! 肉! 肉! »