« アラブのファッション | トップページ | エチオピア小史 »

2008年5月15日 (木)

お宝カメラ

もともとカメラはペンタックス党だったのですが、サウジ時代に店頭で見つけたLXがどうしても欲しくなり迷った末に購入しました。本当は腕が悪いのに、「高いカメラだったらもっと良い写真が撮れるはず」という思いこみがあったんですね。でも、写真の出来映えはそれまでのスーパーAとあんまり変わりませんでした。そりゃそうでしょう。でもこうなると、「きっと高いレンズなら」という妄想の広がりを防ぐ手だてはありません。こうやって、結局カメラ屋でさんざんお金を使うことになりました。まさに素人が陥る悪いパターン。

しかし、当時のサウジのカメラ市場はまだずいぶん小さく、リヤドでペンタックスの一眼レフを扱っていたのは1軒のみでした。そしてこの時はすでにオートフォーカス全盛。ペンタックスのレンズも、当時の最新型AFタイプか、あるいはずっと前から売れ残っている旧型レンズしかありませんでした。LXはその見た目に惚れたところが大きいので、これにAFレンズをつけると、どうも格好が悪い。見た目より性能をとるなら問題ありませんが、どちらかというと写真に叙情性を求めていた自分としては、「持つ喜び」、言い換えるなら「見せびらかす喜び」を重視した結果、旧型レンズを買いあさることになりました。

さらに、写真に何らかの精神性を見いだしたい自分としては、「写真は魂で撮る」と意気込み、ズームレンズを蔑み単焦点レンズを礼賛、「画角は自分の足でカバー」と何やら鼻息の荒いことを考えていました。その結果、買い集めたレンズは 24mm、28mm、35mm、40mm、50mm、50mmマクロ、135mm と今から思えば信じられないくらい小刻みなラインナップ。これらに加えて、念のためもともと持っていたズームレンズ 35~70mm、70~210mmもあわせてカメラバッグに詰め込み、週末のたびに砂漠に出かけて行ったわけですから、ご苦労なことです。

実は、ある時サウジから海外旅行に行くにあたって、さすがにこれだけのレンズは持って行けないと、断腸の思い (?) でズームレンズを1本買いました。「旅行だからフットワークを軽くしないと」なんて自分に言い聞かせたりして。まぁ、単に新しいレンズを買う口実が欲しかっただけですが。しかしこの 28~135mm F4 というレンズ、まぁ重い、しかもかさばる。フットワークがにぶることこの上なし。でも、「写真を撮っているんだなぁ」という実感は、心身共に折り紙付きでした。思えばあの頃は若かった。

1枚目の写真は、サウジで買ったLX、50mm F1.2 (旧型)、M40mm F2.8、28mm F2 (旧型)。サウジのすごいところは、当時、日本ではとっくに生産中止になっていたこれらの旧型レンズが、未使用の新品で売られていたことです。特に 40mm パンケーキレンズは人気が再燃していた頃なので、10本くらい買って日本で転売しようかと考えたくらいです。

2枚目の写真は、同じ店で買ったコンパクトカメラ。一部で評価が高かったオリンパス 35RC (ZUIKO 42mm F2.8) が、1995年に新品で買えたのは、今となっては奇跡かもしれません。さすがにカラーネガでの色再現性はいまひとつでしたが、モノクロなら、LXの写真と遜色ないシャープさでした。MIRAGE 35EE は店のオヤジに「頼むから買ってくれ」と言われ、オリンパスと抱き合わせで買いました。これも新品。でも1度も使っていません。

3枚目の写真は、インターネットで見つけたとあるホームページの切り抜きです。実はこの「黄金のLX」、サウジでも売っていました。確か値段は24,000リヤル (80万円弱)。「プリンスが買うはずだったのに…、助けてくれ」みたいな感じで、店に行くたび買え買えとしつこく言われましたが、さすがにこれは丁重にお断りしました。

あとは、ミノルタ CLE とレンズセットが1996年当時に新品で売っていました。これはけっこう食指が動いたんですが、予算の関係もあって断念。16万円くらいだったかな。実はこの前に CONTAX T2 を買って、その描写力に驚くと同時にオートフォーカスの楽ちんさにあらためて感動していたものですから、この状況で今さらレンジファインダーカメラでもないかと冷静に判断しました。やはりカメラは使ってこそのもの。飾って眺めているだけではカメラがかわいそうです。

なんてことを言っておきながら、この頃買った銀塩カメラは今ではまったく使うことがありません。何を撮るにもデジタルカメラのみです。レンズがかびる前に、まとめて手放した方が世の中のためになるかな?

376camera1376camera2376camera3

|

« アラブのファッション | トップページ | エチオピア小史 »

コレクション」カテゴリの記事

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

shukranさんのこと最初は占い師だと思っていましたが、違いますよね。
趣味が多彩で、こだわりが強く、1日24時間じゃ足りないのでは。。全ての写真は見ていませんが、湖にたたずむ羊や、エチオピア女性が髪を振りかざして踊っている写真など、印象深い写真がたくさんあります。

お仕事は建築関係ですか?

投稿: AKEMI | 2008年5月16日 (金) 13時20分

ちなみに占い師だとサウジでは逮捕されますね。

投稿: shukran | 2008年5月17日 (土) 04時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アラブのファッション | トップページ | エチオピア小史 »