« ヨルダン料理 | トップページ | 仲良き事は (1) »

2008年5月 6日 (火)

肉! 肉! 肉!

「ハネムーンパーク」はエチオピアの首都アジスアベバの郊外にあるトゥブス専門店。市内からかなり離れていますが、週末はあっという間に席がうまるほどの人気店です。トゥブスは生肉をそのまま食べるスタイルと、一口大にカットした肉をカリカリに炒めたものがあります。ホテルなど洒落たレストランでトゥブスを頼むと、トマトや唐辛子パウダーと一緒に炒められていることが多く、個人的にはそちらの方が食べやすいとも思いますが、専門店による「肉一点張り」の調理法もなかなか捨てがたい味を持っています。いずれにしろ、トゥブスは肉の新鮮さが命ですから、特に生を食べたい場合、絶対に回転が良い店に行くべきです

また、肉はお客に見える場所に丸のままつるされていて、自分の好きな部位を指定できるのも専門店ならでは。他にメニューがないから注文で迷うこともありません。「今日は肉を食うぞー!」という時はこのお店が最適でした。この店はハチミツから作ったオレンジ色の地酒「タッジ」も評判でした。フラスコのようなビンに移して飲むのが決まりです。自分はアルコールがまったくダメなのでペロッとなめた程度ですが、アルコール分低め、味甘めの感じで、弱い人でもいけそうなお酒でした。

360tibs1360tibs2360tibs3

|

« ヨルダン料理 | トップページ | 仲良き事は (1) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域 エチオピア」カテゴリの記事

コメント

え~っ生!?と顔をしかめてしまいましたが、よく考えてみれば、わたしも日本の焼き肉屋で、生をたべたことがありました。
な~んだこれってほぼ同じ感覚ですよね??

そうですか。。お酒ダメなんですね。。
わたしは、ほろ酔い気分になるために、生きているようなものです。脱線して、止まらなくなってしまうことがしばしばですが。

投稿: AKEMI | 2008年5月 6日 (火) 01時53分

エチオピアの生肉はかなりデンジャラスですが…。詳細は「旅行・地域 エチオピア」→「2007年1月31日:蜂窩織炎」にて。ちなみに、これまでブログに600本以上書きましたが、一番閲覧数が多いのがこの記事です。なんとも意外。

投稿: shukran | 2008年5月 6日 (火) 03時34分

ちょっとした刺し傷から、細菌が蔓延するとは。エチオピアと日本では菌の種類も繁殖力も違うとは思いますが、見方が変わりました。料理のとき気をつけないと。
あとお刺身も。。ちょっと過剰反応ですが、インターネットでも調べてみたら、歯肉炎や水虫からも、菌の進入のきっかけになるみたい。
わたしはよく唇が乾燥して、乾いた箇所をむいてしまうくせがあるんですが、よくそこから血を出してます。
これって結構危ないことだったりして。

投稿: AKEMI | 2008年5月 7日 (水) 13時43分

ですね。

投稿: shukran | 2008年5月 7日 (水) 21時39分

その一言にぐさっ。と きましたが命拾いしました。
アルコールで消毒されていたのかな。

投稿: AKEMI | 2008年5月 8日 (木) 01時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヨルダン料理 | トップページ | 仲良き事は (1) »