« スペインのタラベラ焼き | トップページ | ネパールの操り人形 »

2008年5月 9日 (金)

女性が自転車に乗って平和を訴える…?

5月5日、400名近い女性がヨーロッパやアラブ諸国からレバノンに集まり、自転車でエルサレムまで走りながら平和を訴えようというサイクルツアーが始まりました。ルートはレバノン東部のベカーバレーを起点として、シリア、ヨルダンを抜け、ゴールはエルサレムです。期間は2週間の予定。お題目は "Follow the Women"。おそらく、「男性に任せていたら平和は来ない、だから、女性に続け!」という趣旨なのかなと思いますが、この時期に、なんでこんな無茶な真似を…。発起人はアメリカ人の女性だそうですが、「女性だから」「平和運動だから」、テロや誘拐の標的になったり戦闘には巻き込まれないと信じているのでしょうか。そもそもこれを見た現地のアラブ人女性がどう思うか…。(←アラブで自転車に乗る女性はほとんどいない)

7日からベイルートでは大規模な戦闘が始まったし、各国の国境もさぞ緊張状態にあると思います。現地でツアーの警備に当たっている軍人たちはいい迷惑でしょう (もし警備をつけていなかったらそれこそ自殺行為です)。もちろん、ツアーメンバーのうち誰かが死傷でもしたら、かなりいい宣伝にはなると思いますが。本国の家族も、そこは了解済みなのかな?

369cycle1369cycle2369cycle3

|

« スペインのタラベラ焼き | トップページ | ネパールの操り人形 »

旅行・地域 中東各国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スペインのタラベラ焼き | トップページ | ネパールの操り人形 »