« お気に入りCD:ガザール 1 | トップページ | お気に入りCD:シタール »

2008年6月 5日 (木)

お気に入りCD:ガザール 2

ジャクジート&チトラ・シン夫妻に勝るとも劣らない、もう一方のガザールの雄がパンカジ・ウダース (Pankaj Udhas) です (ということがインターネットであちこちに書いてありました)。初めて彼の歌声を聞いたのは、日本で編集された「リアルタイム・インド」というCDの中の「思い出の風が一陣」という曲。これがまたいい!。もちろん歌詞の意味はわかりませんが、泣きのメロディー、印象深いさびのフレーズ、そしてパンカジの味わい深い歌声。すべてが渾然一体となって、世紀の名曲、奇跡の1曲に仕上がっています。アジア的センチメンタリズムの極致、心の琴線に触れまくりです。

「ヤー・ドゥーンカ・エーク♪ ジョーンカー・アーヤー♪ ハムセー・メルレー・バルソーン・バー♪」 こんなに泣けるメロディー、そうはないなぁ。ちなみに、あまりに感動したのでサウジのCD屋で店員おすすめの「Hosh Ruba」というパンカジのCDを買ったのですが、これは最後まで聴いても「???」という感じでした。たぶんガザールは基本的にはとうとうと詩を朗読するような歌なので、あまりメロディーらしいメロディーがなく、歌詞の意味がわからない人にとっては退屈以外の何ものでもありません。逆に、「思い出の風が一陣」のメロディーが奇跡なんだと思います。

パンカジ・ウダースは↓こんな人。別のCDですが。

400cd

|

« お気に入りCD:ガザール 1 | トップページ | お気に入りCD:シタール »

映画・アニメ・本・音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お気に入りCD:ガザール 1 | トップページ | お気に入りCD:シタール »