« お気に入りCD:ワールドミュージック2 | トップページ | お気に入りCD:南アフリカ »

2008年6月 2日 (月)

お気に入りCD:イラク最高のシンガー

■Live at Hard Rock Cafe Beirut (Ilham Al-Madfai)
1. Bint El Shalabeyah
2. Ya Atholey
3. Ya Galbi
4. Disaney
5. Mali Shoghol Bil Soog
6. Chobi Part 1
7. Chobi Part 2
8. Khuttar
9. Al Rail Wa Hamad

イラク出身のイルハム・アルマドファイは、イラクのみならずアラブ世界初のポピュラー音楽ミュージシャンと言われています。1960年代にイラクでバンド活動を開始すると、モダンな楽器 (ギター、ドラム、ベース、ピアノ) で伝統的なアラブ音楽を演奏するスタイルでたちまち人気を博しました。数年後にイルハムはロンドンに音楽修行に出かけ、その独特の演奏スタイルはポール・マッカートニーなど多くの英国ミュージシャンの注目を集めたそうです。

1967年にイギリスからイラクに戻ると、スパニッシュギターを使ってイラクのフォークミュージックを奏でるなど、1970年代全般にわたって国民的歌手として活躍します。1979年に様々な事情から追われるように国を離れると、その後は1990年にイラクに帰還するまで、世界各国で演奏活動を続けました。後にバージンレコードから出したアルバムがプラチナセールスを記録することになり、その名声を決定的なものにしました。

このCDはベイルートのハードロックカフェで行われたライブのものです。フェイルーズの名曲を歌う Bint El Shalabeyah もかなりいいですが、最も有名な Khuttar の渋さも捨てがたいです。以下、歌詞の一節。

私の人生を振り返ってみると
幸せとは滅多に訪れない客人のようなもの
もしも素通りされてしまったら
蝋燭に火を灯そう
裏の小道を涙で濡らそう
我が心よ
悲しみはいずこに
私の夢はすべて儚く消え去った

渋いですねぇ。まさに酸いも甘いもかみ分けたいぶし銀の魅力。これほどのシンガーでも日本ではほとんど知られていないんですね。もちろん、日本が誇る北島三郎だって中東ではまったく知られていませんけど。北島ファミリーとイルハムファミリーで共同コンサートでもやってくれないかな。場所はエルサレムあたりで。「はーるばる来たぜ中東~♪」とか歌ってほしい。

それはさておき、ライブCDっていいですね。スタジオ録音にはない独特の緊張感と聴衆との一体感があって。このCDも会場の熱気がひしひしと伝わってきます。名盤。

395cd

|

« お気に入りCD:ワールドミュージック2 | トップページ | お気に入りCD:南アフリカ »

映画・アニメ・本・音楽」カテゴリの記事

コメント

やはりいいですね。アラブ音楽。
お酒飲んでいたら、近くにあるものをドラムがわりにして、音楽にあわせて踊っていると思います。
ジプシーキングスを思い出しました。
ちょっと声が似てました。
さあ、またシンガポールでもこれらのcdが手に入るかチェックしてみま~す。

投稿: | 2008年6月 2日 (月) 13時39分

ディック・リーのマッドチャイナマンもおもしろかったですね。今はシンガポールから世界に飛び出しているミュージシャンているんでしょうか。

投稿: shukran | 2008年6月 3日 (火) 04時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お気に入りCD:ワールドミュージック2 | トップページ | お気に入りCD:南アフリカ »