« サウジアラビアで健康生活 | トップページ | どっちもどっち »

2008年6月11日 (水)

長い夏休み

サウジアラビアの小学校が夏休みに入りました。例年は9月上旬から新学期 (新学年) が始まりますが、今年は特例として10月上旬まで夏休みが続きます。サウジアラビアはヒジュラ暦 (太陰暦) を採用しているので、1年が354日と、西暦とは毎年11日間ずれていきます。今年はラマダン (断食月) が西暦にして9月2日から始まる予定で、子供から大人まで一様に日の出から日没まで飲食を断つこの1ヶ月間は、特に子供にとっては勉強どころではないつらい日々であり、また社会全体に生産公効率が著しく低下する期間でもあります (ついでに交通事故も激増します)。

こういう事情を考えると、「学校の夏休みを延長しよう」となったのもなるほどうなずけます。ラマダン明けには祭日 (イード・アルフィトゥル) があるので、結局、10月10日まで夏休みとなったわけです。来年は11日早くラマダンが始まるので、今年より夏休みは短くなります。2011年には7月31日からラマダンになるので、ここから数年間はちょうど例年の夏休み期間と重なりますが、2020年頃には逆に夏休み開始がぐっと早くなるかもしれません。今のところ、ヒジュラ暦1436年 (西暦2015年) までの学校カレンダーが発表されています。

4ヶ月という長い夏休みは、子供にとってはどうなんでしょう。前の学期に習ったことはほとんど忘れてしまうんじゃないでしょうか。その分どっさり宿題が出るのかな?。少なくとも職場のスタッフはみんな、子供にとっても親にとっても、あまり良いことだとは思っていないようでした。

|

« サウジアラビアで健康生活 | トップページ | どっちもどっち »

旅行・地域 サウジアラビア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サウジアラビアで健康生活 | トップページ | どっちもどっち »