« ラクダ専門誌 | トップページ | 世界の人種・民族別血液型割合 »

2008年6月27日 (金)

ヒツジ専門誌

ラクダは日常的に目にする機会が多く、見た目的に 「これはいい」「これはダメ」 というのがそれとなくわかります。ただ、アラビア半島のものは基本的にヒトコブラクダで、全体的なスタイルはどれもあまり変わらないように見えます。白、黒、茶色の区別意外に、外見で 「これは○○種」 と言われても、いまいちピンと来ません。

さて、牧畜先進国サウジアラビアには、ラクダ専門誌だけでなく、当然ヒツジ専門誌もあります。誌名は 「ナワーディル」。「貴重な、希少な」 という意味の通り、誌面にもいろいろな種類のヒツジが登場します。

美しいと形容するしかないヒツジ、見事な角を持つもの、あきらかに異形のもの。ラクダとはうって変わってバラエティーに富んだラインナップは、まるで犬の雑誌を見ているようでした。品評会が頻繁に行われ、チャンピオンには数百万円の値段がつくという話にも納得です。

ヒツジのブリーダーもいいなぁ。(←目指すの!?)

418sheep1418sheep2418sheep3

|

« ラクダ専門誌 | トップページ | 世界の人種・民族別血液型割合 »

植物・動物」カテゴリの記事

旅行・地域 サウジアラビア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラクダ専門誌 | トップページ | 世界の人種・民族別血液型割合 »