« 世界の人種・民族別血液型割合 | トップページ | ヘンナ Henna »

2008年7月 1日 (火)

石油はあと何年もつの?

世界の原油生産日量、消費日量、確認埋蔵量を調べてみました (上位50ヶ国をリストアップ)。単純計算で、あと45年は採掘可能ということになります。ただし、おそらく今後10年から20年は中進国の経済発展によって消費ペースがどんどん上がるでしょうから、省エネや代替エネルギーへの切り替えがハイペースで進まない限り、45年はもたないはずです。

ただ、昔から石油はあと30年くらいしかもたないと言われ続けています。そのわりになかなか危機的状況にはなりませんから、それだけ年々新たな油田の発見や採掘技術の進歩があるということです。もしかしたら、10年後にも 「あと45年」 と言われているかもしれません。

実際、各国の確認埋蔵量については、一昔前はサウジアラビア以外のOPEC加盟国はほとんど先が見えている (10~20年程度) と言われていましたが、あらためて数値を見てみるとそんなこともありません。それだけ各地で油田が発見されているんですね。特にイラン、イラク、アラブ首長国連邦のポテンシャルの高さには驚かされます (でもやっぱりサウジは別格)。

サウジアラビアは今のペースで掘り続けてもあと76年は大丈夫です。ただ、このまま世界が石油依存を続けていたら、近い将来に (今度こそ) 危機的状況が訪れることは間違いありません。なので、早ければあと10年、遅くてもあと40年くらいで代替エネルギーへの切り替えが確実に行われるでしょう。

その転換点を迎えてしまったら、サウジアラビアの価値はなくなってしまうかもしれません。その時までに、なんとしても石油に代わる産業を根付かせなければならないわけです。もちろんその前に、国民の勤労意欲の発奮という超難題がひかえていますが…。


世界の原油生産・消費量

|

« 世界の人種・民族別血液型割合 | トップページ | ヘンナ Henna »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 世界の人種・民族別血液型割合 | トップページ | ヘンナ Henna »