« ひと夏の結婚 | トップページ | うちの母親 »

2008年8月24日 (日)

山の中

7年前の夏、休暇で一時帰国していた時、我が身に降りかかった話です。うちの村は南北に流れる川を中心に山に挟まれる、いわゆるV字谷という地形。我が家は東側斜面の中腹にあり、この時は対岸の山に登って家の写真を撮ろうと思い立ち、デジカメひとつを抱え軽装で山に入っていきました。家を出たのが午前9時15分。

あらかじめこの場所と決めていた所には10分ほどでたどり着き、何枚か写真を撮ったのですが、ふと、せっかくだからもう少し上に行ってみようかなと思いました。この日は友人たちと昼頃から我が家でバーベキューをする予定があったので、10分か20分上って、いい場所がなかったらさっさと下りてこようと決めました。

そこからは辺り一面杉林です。わずかに残っていた道の跡はすぐに消えてしまい、少し不安になりつつも、できるだけまっすぐ上ることを意識しながら、どんどん上り続けました。しかし、上れば上るだけ景色が良くなるだろうという期待は裏切られました。杉の背が高く間伐もされていないので、ほとんど周囲が見渡せません。この辺りで素直にあきらめれば良かったのですが、「もう少し上れば眺めが良いかも」 という気持ちがわいてきて、「もう少し、もう少し」 と思いつつ、上り続けて行きました。

この日、天気は快晴でしたが、杉林の中はうっそうとしていてほとんど木漏れ日もありません。子どもの頃から怖がりなので、後から考えるとよくこんな所にひとりで行ったなと思いますが、この時は不思議と怖さはありませんでした。時計も持たずに出てきたのですが、自分では小一時間上ったかなと思った時点で、結局視界が開けることもなかったので、あきらめて引き返すことにしました。

上ってきたルートはちゃんと覚えていたつもりで、しばらくは軽い足取りで下りていたのですが、途中で 「おや?」 と思い足が止まりました。いくつかの目印が見あたらず、杉の木立の感じも微妙に違います。本当にこのルートで良いのか、急に不安になってきました。さらに、まっすぐ下りたいのに傾斜のせいで自然と右側に進んでしまうのも気になりました。

ただ、それほど距離を上ったわけでもないし、右に下りていってもせいぜい上り口から100メートルか200メートルくらいしか違わないだろうと考え、できるだけ左に進むことを意識しつつ、斜面を下りていきました。しばらくすると、右下からかすかに沢の水音が聞こえてきました。「良かった、あの沢に出たんだ」 と一安心し、木につかまりながらスピードを殺すようにして、ますます急になった斜面を下っていきました。

しかしようやく沢が見えてきた時、それは自分が考えていた沢とは違うものだということに気がつきました。一旦木の幹につかまり、その場で後ろをふり返りましたが、ここをまた上っていくのは無理、と一瞬でわかるような恐ろしい急斜面が続いていました。心臓の鼓動がはっきり聞こえる中、できるだけ冷静に考えようと努めました。結論としては、道に迷ったとはいえそんなに遠くまで来ていることはないだろうという思いから、そのまま沢に下りることにしました。

沢に下り立つまではかなり不安でしたが、わずかに道のような跡を発見すると、少し気持ちが楽になりました。少なくとも人が来たことがある場所だということがわかったからです。沢沿いをしばらく歩いていると、今度はワサビ田が目に飛び込んできました。それで、ここが今でも人が来る場所だということがわかりようやくひと息つくと、沢の水を手ですくって飲みました。ここで思わず安堵のため息が出たことは言うまでもありません。

そこから道幅は、車が走れるくらいになっていました。開けた視界にまぶしさをこらえつつ空を見上げると、太陽光線の感じからすでに正午かあるいはそれを過ぎているかもしれないと思いましたが、そんなに長時間山の中で過ごしていたという感覚はなかったので、なんだか不思議な気分でした。また、道が明らかに南側に向かってのびていたので、「ここから何キロ歩くんだろう」 とかなり暗い気持ちになりました。

ひたすらとぼとぼ歩き続けると、ようやく民家が見えてきました。そしてそこが2.5km川下の村だということがわかると、愕然としてその場に棒立ちになってしまいました。まさか、こんな所に出るとは…。炎天下、そこからさらに30分歩いて家にたどり着くと、心配した友人たちが駆け寄ってきてくれました。この時はさすがに泣きそうになりました。到着時間、午後2時15分。沢に下りてから川下の村経由で家に帰ってくるまでを差し引くと、山には3時間以上いたことになります。そんなにいた感覚はまったくなかったので、まるでキツネにつままれた気分でした。

その後母親から聞いた話では、自分が上った山には昔、自然歩道があったのですが、行方不明になる人が何人も出たため、結局そのルートは閉鎖されてしまったそうです。村の人たちも、簡単そうに見えて実はとても怖い山だということを口々に言っているのだとか。生まれてからずっと見続けてきた山でしたが、この時初めてその内部に分け入りました。あの 「ひっぱられる」 感覚は、やはり何かあるのかもしれません。(単に方向音痴とも言いますが…)

424yama1424yama2424yama3

|

« ひと夏の結婚 | トップページ | うちの母親 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ひと夏の結婚 | トップページ | うちの母親 »