« ブタの丸焼き | トップページ | 物乞い天国 »

2008年9月12日 (金)

9/11テロの首謀者

今年7月から8月にかけて、World Public Opinion.orgが世界17ヶ国 (パレスチナ含む)、1万6000人を対象に 「9/11アメリカ同時多発テロの首謀者は誰だと思うか」 というアンケートを行いました。その結果、アルカイダが過半数を超えたのは9ヶ国だけだったそうです。回答は次の中から選ぶ方式でした。(→ウェブサイト/集計表あり)

a) アルカイダ
b) アメリカ政府
c) イスラエル
d) その他
e) わからない (DK=Don't Know)

世界合計のトップはアルカイダでしたが、それでも46%とわずかに半数には及びませんでした。また、アメリカにも15%の票が集まったのは、9/11テロ云々よりも単にアメリカ嫌いの反応なのかもしれません。特にヨルダンとエジプトは同胞ムスリムの犯行とは絶対に信じたくないようです。驚いたのは、ヨーロッパの国々でもアルカイダと答えたのはせいぜい6割止まりだったことです。しかも学歴の高低差 (つまり情報にどれだけ接しているか) で見ても、グループ間に顕著な差異は認められなかったそうです。

全体で25%がわからないと答えていますが、これは 「アルカイダではない」 とほとんど同義語かもしれません。もっとも、アルカイダとは何かという根本的なところで、実は定義が曖昧なんじゃないかとも思います。国際テロ組織でビン・ラディンがリーダーと言われていますが、果たしてそこまで明瞭な組織なのか。「ムスリムの敵をやっつける!」 とそう思った時点でその人はもう資格があるわけで、あとはそちら系の資金援助があるかどうかだけではないでしょうか。

おそらくアルカイダそのものが非常に曖昧で、実はアンケートを作った人も答えた人も、よくわからなかったというのが本音ではないでしょうか。まさかアルカイダの代わりにイスラムと入れるわけにもいかないし… (実際にはイスラム原理主義者という回答はアルカイダに、アラブ人やサウジアラビア人はその他に集計したそうです)。

アフリカの2ヶ国がどこよりも多くアルカイダと答えたのは、アメリカへの配慮なのかな、なんて勘ぐったりします。特にケニアは今まさに親米気運で満ちあふれているでしょう。国民のほとんどがオバマニアだと思います。

しかしアメリカ国民にとっては納得できない結果でしょうね。ただ、今回アメリカがアンケートの対象に入っていなかったのは何故?

|

« ブタの丸焼き | トップページ | 物乞い天国 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブタの丸焼き | トップページ | 物乞い天国 »