« ラマダン・カリーム | トップページ | ラマダンにはダイエットを »

2008年9月 3日 (水)

無茶な要求

サウジアラビア勧善懲悪委員会 (宗教警察) のメンバー複数名が当局に対し、閲覧がブロックされたウェブサイトを見られるようにしてほしいと願い出ました。どれだけ不品行で不道徳なのか実態調査が必要だからという理由です。昨今、サウジ政府の閲覧禁止フィルターをくぐり抜け、不適切なウェブサイトを楽しむ若者が男女ともに増えているということはよく言われています。

ブロックされているのはエロチックなサイトばかりではなく、サウジアラビアの内情を暴露したようなブログや掲示板も規制の対象になっているようです。中にはなぜ見られないのかよくわからないサイトもたくさんあって、日本のサイトでいえば、ライブドア系は全般的にダメ、Gooのブログも見られません。テレビ局のサイトもダメなところが多く、YouTubeは普通のものならいいですが、ちょっと色っぽいものはブロックされてしまいます。

今回このような要求を上げたグループについては、規制する側として、規制しているものが実際どれほど見る者にネガティブなインパクトを与え得るのか、一度体験しておきたいという気持ちはくんであげたいです。ただ、さすがに無茶な要求と受けとめられたようで、上の人間には軽く流されてしまったようです。それにしても、ガチガチの宗教警察でもやっぱりちょっと好奇心はあるんですね。隠すから逆に見たくなるんでしょうけど。

さて、このところ宗教警察が問題視しているのは、若者がショッピングセンターでただブラブラと時間をつぶしていることなんだそうです。そうは言ってもサウジ国内には娯楽施設がほとんど皆無で、他に行く所もやる事もないから仕方ないとしか言いようがありません。 そういう要素を必死につぶしてきたのは宗教界だし。当局も、若者が楽しめるような場所を作らなければいけないという認識はあるようですが、この手の話がお上主導でうまくいったためしはありません。

ユーロディズニーのオーナーはサウジ人だし、こちらにもディズニーランドを造ってみたらどうでしょう。人形に対してキャーキャー騒ぐのは偶像崇拝にあたるのかな?

|

« ラマダン・カリーム | トップページ | ラマダンにはダイエットを »

旅行・地域 サウジアラビア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラマダン・カリーム | トップページ | ラマダンにはダイエットを »