« 渋滞 | トップページ | ピーターも元を正せば »

2008年10月31日 (金)

名前でわかるお国柄

日本でも毎年、赤ちゃんの名前ランキングなるものが発表されていますが、要はかぶってしまった名前のランキングだったりするわけで、ベスト10に入っていることを素直に喜んでいいのかどうか、親御さんたちは実はちょっと複雑なんじゃないでしょうか。もっとも、1位であっても占有率は0.7%ほど。幼稚園で同じ名前の子どもに遭遇する確率は限りなく低いでしょう。

それはさておき、日本の名前の特徴はというと、漢字の意味と音の持つイメージが決め手になっていることだと思います。男の子は 「健康、元気、おおらか、まっすぐ」、女の子は 「優しい、愛される、美しい、明るい」 などという意味がある漢字や、そして発音したときのイメージから候補をしぼり、あとは一応画数なんかを調べて決める人が大半でしょう。自然や植物系も人気ですね。

言ってみれば、日本人の名前は無限のチョイスがあるということです。かといって 「光宙=ぴかちゅう」 までOKでは、さすがに子どもがかわいそうですが (DQNネームはほどほどに)。では、あの自由の国アメリカはどうでしょう。毎年移民を世界各国から何万人も受け入れて、あえて多様化政策を進めている国ですから、さぞ名前もバラエティーに富んでいるだろうと思いたいところです。

ということで、アメリカのある統計局の赤ちゃんの名前ランキング2007年版を見たのですが、その結果は意外なものでした。もちろんマジョリティーは白人ですから、極端にエキゾチックな名前が入ってくるわけはないのですが、とにかくとても保守的なものばかりでした。女の子の名前はよくわかりませんが、男の子の名前を見る限り、ほとんど聖書やコーランにも出てくるキリスト教徒かユダヤ教徒の名前です。他の名前も歴史上の偉人か一度は聞いたことがある名前ばかり。なんでしょう、この保守的な感じ。

■男の子
1. Jacob
2. Michael
3. Ethan
4. Joshua
5. Daniel
6. Chiristopher
7. Anthony
8. William
9. Matthew
10. Andrew

■女の子
1. Emily
2. Isabella
3. Emma
4. Ava
5. Madison
6. Sophia
7. Olivia
8. Abigail
9. Hannah
10. Elizabeth

女の子も、未だに (と言っては失礼ですが) エリザベスとか人気なんですね。確かにゴージャス感たっぷりですけど。今までにない新しい名前なんて、結局ごく一部だけなんでしょうか。Heaven (ヘブン) をひっくり返して Nevaeh (ネバヤ) なんて話題になりましたけどね。中東の男性もほぼ100%宗教ゆかりの名前ですから、同じ名前がとてもたくさんあります。ムハンマド君だけでたぶん1割くらい。これ程ではないにしろ、アメリカ人も同じ名前の人は多そうです。

こういった名前をつけるということは、良く言えば敬虔な信者なんでしょうけど、こう似たり寄ったりの名前ばかりでは、なんとも芸がないように思えます。他人と違うことに喜びを見いだすアメリカ人らしくないというか。それとも、実はアメリカ人も孤独感や疎外感を恐れているのかな。うがった見方をすれば、911テロ以降、人々の間に反イスラム的な空気が流れて、ことさら自分がクリスチャンであることを示したいのかも。ナショナリズム復活、といったところでしょうか。

と思ったら、2000年のベスト10もほとんど同じでした。では、うんとさかのぼったらどうか?。1900年のベスト10は、John、William、James、George、Charles、Robert、Joseph、Frank、Edward、Henry。ほとんどヨーロッパの王様の名前?。にしても現在とほとんど代わり映えしません。どうやら名前に対する感覚が日本人とは根本的に違うようです。彼らにとって名前とは、同じグループ (宗教) に所属していることを示す大事なサインなのかもしれません。アメリカ白人で敵がいっぱいいますから (作ったのは自分たちだけど)。

|

« 渋滞 | トップページ | ピーターも元を正せば »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

Abdulくんも多いですよね。
アジズくんとか。

かれこれ半年ほど興味深く読ませていただいています。:)

投稿: ali | 2008年10月31日 (金) 21時15分

Abdu+Al-OO (アッラーの99の形容詞) で、みんなAbdullah (アブドゥッラー=アッラーの僕) と同じ意味になります。OOにはAziz (親愛)、Karim (寛大)、Rahman (慈悲) 等々。本当はちゃんとアブドゥルアズィーズ、アブドゥルカリーム、アブドゥッラフマーンなどと呼んだ方がいいのでしょうけど、本人たちもわりと外国では省略して呼ばせたりしていますね。

投稿: shukran | 2008年11月 1日 (土) 02時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 渋滞 | トップページ | ピーターも元を正せば »