« ユーロファイター | トップページ | 渋滞 »

2008年10月29日 (水)

中東の水問題

このほどバハレンで行われた、「アラブ環境・開発フォーラム」 で発表された報告書によれば、2025年までにエジプト、スーダン、イラク、シリア、レバノンをのぞくアラブ17ヶ国が、深刻な水不足に見舞われるおそれがあるそうです。それを防ぐためには、各国が節水や砂漠化防止を政策レベルで実行していかなければならないと、報告書は警告しています。

サウジアラビアの西の都ジェッダはこの夏も大変な水不足に陥りましたが、幸い、ここリヤドではこれまでほとんど水不足を感じたことはありません。ちなみにこれまで住んでいたカイロ、アンマン、アジスアベバは水道水がとても臭く (黒カビっぽい臭い)、飲むことはおろか、お風呂のお湯につかっているだけで、臭いで吐きそうになったこともあります。それにくらべたら、リヤドは本当に快適です。赤サビはちょっと気になりますけど。

ヨルダンには、冬の間だけ水が流れ、夏には涸れてしまうワジ (Wadi=涸れ川) があちこちにありました。写真はウムラサスに行く途中のもの。3月23日と6月1日の写真です。この変貌ぶり。

453wadi

|

« ユーロファイター | トップページ | 渋滞 »

旅行・地域 中東各国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ユーロファイター | トップページ | 渋滞 »