« いい天気 | トップページ | ケーキは甘い »

2008年10月26日 (日)

国際結婚の落とし穴

サウジアラビア人男性は多かれ少なかれ、国際結婚に憧れをもっています。サウジアラビア人女性との結婚は経済的負担が大きく (特に結納金)、花嫁に加え彼女の両親からの注文がエンドレスで来るという話を常に聞かされているからです。

国際結婚といっても、欧米人はあまり対象に入っていないようです。女性の権利や自由に対する価値観があまりに違いすぎるし、個人主義で育てられた女性が大家族主義のサウジアラビアでやっていくには言葉や宗教などあまりに障害が多すぎます。この場合は男性が海外に住むことを覚悟しなければならないでしょう。

ということでやはり現実的なのは、近隣アラブ諸国 (エジプト、シリア、ヨルダンなど) や東南アジアイスラム諸国の女性との国際結婚です。実際、サウジアラビア人男性が東南アジアに旅行すると、モテモテだと思います。愛想が良くて控えめで美人の彼女なんてすぐに見つかるでしょう。

ただし、いざ国際結婚してみると、彼らには厳しい現実が待っているようです。最近実施された政府機関の調査によれば、こうした貧しい国の花嫁との安易な結婚には、顕著なリスクが見られることがわかりました。

ランダムにピックアップした3000人を対象に行われた調査では、彼らがエイズや肝炎など危険な病気に罹患している率が明らかに高かったこと、概して生活レベルや社会的地位が低く、子どもの教育に影響が出ているケースが多いことなどが明らかにされました。

また、ほとんどの男性はその結婚生活がいかに問題が多いかを嘆いています。花嫁の家族や親戚に対して就労ビザを取るよう言われ続けること、また、本国の両親への仕送りをたびたび無心されることなど、結婚前に描いていたバラ色の生活などどこへやら。機嫌を損ねたらきっと一緒に寝てくれないんだろうなぁ。

そう時間がたたないうちに、彼らは思い当たるでしょう。なんであの時あんなにモテていたのかを。女性と接したことがなく恋愛にまったく免疫がないサウジ人など、駆け引きに長けた女性にかかったらそれこそ瞬殺でしょう。お気の毒様。でも、短い間だけでも夢を見られたんだし。あとは達観して、子どもだけはしっかり育ててほしいと思います。

なんにせよ、男はロマンを求めすぎですね。ロマンチストって、………金づる?

|

« いい天気 | トップページ | ケーキは甘い »

旅行・地域 サウジアラビア」カテゴリの記事

コメント

留学先で女との駆け引きに卓越した能力を身につけたサウジ男を相手にしたのが、泣きを見る原因だったわけですね、私。苦笑

投稿: ali | 2008年10月26日 (日) 15時37分

お、重い…。フォローのしようが…。

投稿: shukran | 2008年10月27日 (月) 03時46分

:D

いい経験です。笑

以来、アラブへの興味がわいて、
世界が広がったのでよしとしています。;)

投稿: ali | 2008年10月28日 (火) 22時04分

何かしら縁があったということなんでしょうね。じゃあ前世はアラブ人だったってことで。

投稿: shukran | 2008年10月29日 (水) 04時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いい天気 | トップページ | ケーキは甘い »