« 不道徳行為とは | トップページ | イスラムのピクトグラム »

2008年11月28日 (金)

サウジアラビアの女子大生、ロックバンド結成

ここ数日、各国から注目を集めているのがサウジアラビア初の女性ロックバンド 「Accolade (アコレード)」。もちろん、今のところ演奏はコンパウンド (外国人専用住宅) などサウジアラビア司法当局の手が及ばない場所に限定されています。「Pinocchio (ピノキオ)」 と言う曲をこちら (MySpace) から聴くことができます (激励のコメント多数あり)。

リーダーでギターのディナ (21才) はニューヨークタイムズ紙のインタビューに答えて、「サウジアラビアの今の若い世代はこれまでとは違う。すべてが変化している。10年後には私たちも外で演奏することができると思う」 と語っています。眉と唇にピアスを施したボーカルのラミアは、ここまで来た苦労をふりかえりつつ、「確かにサウジアラビアでは挑戦的なこと。たぶん私たちはクレージーなんだと思う。でも他人と違うことをやりたかった」 と重ねて答えました。

サウジアラビアでは女性の公共の場でのパフォーマンスが一切許されないため、彼女たちはドバイなど比較的戒律が厳しくない土地でライブができたらいいと考えているそうです。最後にディナは、「彼ら (宗教警察) に、女性だってできるんだということを見せてやりたい」 と話しました。

イスラムの戒律が厳しいサウジアラビアに突如現れた女性ロックバンドのニュースは、世界に驚きをもって迎えられました。ただ、これをサウジアラビアの変化の兆しであると考えるのは早計です。実のところ、現状では何ひとつ変わっていないということを再確認したにすぎません。でも、やはり応援したいですね。ロックの定義はいろいろあるでしょうが、彼女たちのチャレンジは相当ロックだと思うし。

|

« 不道徳行為とは | トップページ | イスラムのピクトグラム »

旅行・地域 サウジアラビア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 不道徳行為とは | トップページ | イスラムのピクトグラム »