« 恵みの雨が… | トップページ | オバマ大統領誕生 »

2008年11月 5日 (水)

雨の被害まとめ

11月3日、リヤドで11:00~15:00にかけて降った雨は、民家の浸水、車の水没、交通事故の多発など、多くの被害を残しました。

当局の発表によれば、この日リヤドで08:00~16:15の間に通報された交通事故は415件で、3,990件のレスキュー要請がありました。事故を起こしたのは、雨で進まない車の中で、携帯電話をかけながらハンドルを握っていたドライバーがほとんどです。特にリングロードやキングファハドロードなどのハイウェイで、追突事故が頻発しました。

実は先週、リヤドでは各所で雨乞い (降雨を祈る礼拝) が行われました。人々の願いが天に通じたということで、これだけの被害を出したことはさておき、市民は雨に大喜びです。今日は職場のスタッフも、みんな 「いい天気!」 を連発していました (5人くらいわざわざ部屋をのぞいては声をかけてきました)。

サウジ気象庁によれば、この日は最初の4時間で10mmの雨が降り、またこの天気は数日間続く見込みだそうです。日本人にしてみれば、4時間で10mmなんて本当に微々たる量ですが、それで町があんな状態になってしまうのかと、今さらながら驚くやらあきれるやら。

その他の都市のこの日の降雨量は、ジェッダ8.2mm、アスヤ40mm、ブライダ40mm、オナイザ43.5mm、ラッス32mm、メスナブ49mmでした。うーん、いずれにしてもたいしたことないような。それでいて被害は大きいという…。

それはさておき、去年はこの量の雨はほとんど降りませんでしたから、今年このペースで降ってくれれば、3月には砂漠が花で覆われるかもしれません。かなり期待。

|

« 恵みの雨が… | トップページ | オバマ大統領誕生 »

旅行・地域 サウジアラビア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 恵みの雨が… | トップページ | オバマ大統領誕生 »